チェルシー関連の最新情報:メイソン・マウント、ティモ・ヴェルナー、そしてカイ・ハフェルツが世界最高額選手トップ20にランクイン、オリヴィエ・ジルーが自身のプレースタイルにより過小評価されていると発言した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズの3人組が最高額プレーヤーに

カイ・ハフェルツ、ティモ・ヴェルナー、そしてメイソン・マウントが世界最高額選手トップ20にランクインした。

これはInternational Centre for Sports Studiesの研究グループ、CIES Football Observatoryが選

手のパフォーマンス、年齢、契約期間、そしてクラブと代表での業績を使ったアルゴリズムにより順位付けしたもの。

ハフェルツはトップ10入りし、推定市場価値は1億2300万ポンドとなった。元バイエル・レバークーゼンのハフェルツはこの夏チェルシーに入団し、これまでにリーグ・カップ戦合わせて4ゴール5アシストを記録している。

そのすぐ後に来るのが同じくドイツ代表のヴェルナーで、推定市場価格は1億2200万ポンドとされる。今季ブルーズに入団したヴェルナーは現在8得点6アシスト。

昨季驚異的なデビューを飾ったマウントは9900万ポンドとなった。

ジルーが過小評価されていると発言

オリヴィエ・ジルーは、今までのキャリアにおいて自身のプレースタイルが過小評価につながったと語った。Stadium Astroに対し、これまで多くのゴールを決めてきたジルーは、今でも外部から批判されることを指摘した。

「誰からも称賛される選手はいないことはわかっている。それがサッカーというものだ。自分は過小評価されていると思うが、大事なのは数字を見ること。フォワードにとってはそれが最も重要なんだ。クラブ、そして代表でチームに貢献すること、そして家族にとって誇らしい存在であること以外は気にしない。」

ジルーはチェルシーでタミー・エイブラハム、そしてティモ・ヴェルナーとポジション争いをしているが、試合に出場すればチームに大きく貢献するプレーを見せている。元アーセナルのジルーはフランク・ランパードの下でも高いパフォーマンスを披露している。

「若い監督の下でプレーするのは良い事だ。彼はまだ監督という仕事を学んでいる最中だが、既にその才能を発揮している。良いアイデアを持っているしね。選手として輝かしい経歴を持つ監督は選手たちにとっても頼りになる存在だ。」

リヴラメントが次のスターとなるか

ティノ・リヴラメントがコブハムの次世代スタートして注目を集めている。

右SBのリヴラメントはPL2で好調を維持しており、アスレチックでは来年、彼が躍進すると確信している。

チェルシーのアカデミーは素晴らしい右SBを多く輩出しており、攻撃力の高いリヴラメントにも大きな期待がかかる。

リヴラメントはU9からチェルシーに入団し、イングランド代表ではU16とU19で合わせて20試合に出場している。

最近トップチーム入りした彼は、今季既にユースで3ゴール13アシストを記録している。

リース・ジェイムズが負傷で離脱している中、日曜のFAカップ対モアカム戦はリヴラメントにとってトップチームでデビューするチャンスかもしれない。