チェルシー関連の最新情報:トーマス・トゥヘルの監督就任によりダヨ・ウパメカノのチェルシー加入の可能性が高まる一方、オスカルはブリッジに戻ることが夢であることを明かした。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

トゥヘルの監督就任によりウパメカノ獲得の期待が高まる

チェルシーは本格的にダヨ・ウパメカノの獲得に乗り出したと言われている。

ドイツ紙Bildの報道によると、ウパメカノがチェルシーを選ぶのにはいくつかの理由があるとのことだ。

報道では、トーマス・トゥヘルが新たにチェルシー監督に就任したことにより、ヨーロッパで最も要望される彼の獲得が近づいたとされる。

トゥヘルはフランス語も流ちょうで、ティモ・ヴェルナーも去年まではチームメイトとしてプレーしている。

チェルシーは17試合連続無敗記録を樹立したCBのレギュラー2人のチアゴ・シウバとクル・ズマがフランス語を話す。ウパメカノの獲得は将来を見据えてのことだ。

オスカルがチェルシー復帰を希望

オスカルがチェルシー復帰を希望

「現役を引退するときはチェルシーに戻りたい。プレミアリーグに若い頃に行って良いキャリアを築くことができた。」

オスカルは2012年にチェルシーに入団し、ディディエ・ドログバの背番号11を引き継いだが、2014年にドログバが復帰した時のエピソードを振り返る。

「ドログバは信心深くて、自分のところに来てたくさん褒めてくれて、8番を着るに相応しいと言ったんだ。」

オスカルはチェルシーで5年間プレーし、プレミアリーグ2回、リーグカップ、そしてヨーロッパリーグと4つのトロフィーを獲得した。

「当時ファンはブラジル人選手を信用していなかった。彼らの考えを変えることができた。もう少し先の話になるだろうけど、今でもいいプレーができているし、将来チェルシーに復帰できればと思っている。」

バーホルターがプリシッチとトゥヘルの再会を歓迎

アメリカ代表のグレッグ・バーホルター監督は、クリスチャン・プリシッチがトーマス・トゥヘルの戦術をよく理解していると語った。

元PSG監督のトゥヘルはボルシア・ドルトムント時代に17歳のプリシッチをブンデスリーガでデビューさせた。

「プリシッチにとってはよく知っている監督だからいい事だ」とGoal.comに語るバーホルター。「彼はプリシッチの能力をよく知っている。」

22歳のプリシッチは最近チェルシーで50試合出場を達成し、これまでに23ゴールに絡んでいる。

バーホルターはトゥヘルの監督就任により、プリシッチの順応期間は終結を迎えるとみている。

「彼はドルトムント時代にプリシッチの成長を見てきており、プリシッチは彼の指導方法やスタッフ、コミュニケーションの取り方をよく知っている。監督のことを知るための時間が必要ないのは良いことだ。」