チェルシー関連の最新情報:ジャンフランコ・ゾラがブルーズの攻撃陣について語る一方で、カイ・ハフェルツが29番を選んだ理由を明かした。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ゾラがヴェルナーを称賛

元チェルシーFWのジャンフランコ・ゾラがチームメイトたちを引き立てるプレーを見せるティモ・ヴェルナーを称賛した。

Tuttomercatowebのインタビューで、ゾラは新たなFWの補強によりヴェルナーの役割が変わる可能性を示唆した。

「チェルシーは昨季、素晴らしいシーズンを過ごしたが、一方でゴールを決める選手がいないことが指摘されてきた。多くのチャンスをつくったにもかかわらず、試合によってはそれを活かすことができなかった。ルカクを獲得すればその穴を埋めることはできるだろうけど、今のチェルシーも悪くはない。」

ヴェルナーはイングランドでの初シーズンでチームに大きく貢献し、リーグ・カップ戦合わせて12ゴール15アシストを記録した。

「ヴェルナーは他のチームメイトのために汚い仕事をやってくれる。彼がいたからチャンピオンズリーグで優勝できたんだ。彼がいることで他の選手たちは自分たちの能力を発揮することができる。」

背番号について語るハフェルツ

チャンピオンズリーグ決勝で決勝ゴールを決めたカイ・ハフェルツが29番を選んだ理由を語った。

The Athleticの取材に対し、22歳のハフェルツはこの番号をつけ続けた理由に、兄の存在を挙げている。

「幼い頃、兄と一緒にFIFAやPro Evolution Soccer(ウイニングイレブン)をプレイしていたんだ。いつもゲームの中で自分自身を作っていた。自分は10番で金色のスパイクを履いていて、兄はいつも29番を選んでいた。」

17歳のときにバイエル・レバークーゼンでデビューしたハフェルツは、最年少デビューを飾りゴールを量産した。ブンデスリーガ時代には、クラブで46ゴールを記録した。

「プロになって、レバークーゼンから背番号を聞かれたとき、どの番号が空いているか聞いたんだ。29番が空いていると言われて、兄の番号だったからそれを選んだ。自分にとってラッキーな時もあれば、そうでない時もあるけど、今はこの番号が気に入っているし、みんなが自分の番号を覚えてくれている。」

スールシャールがブルーズを優勝候補に

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が来季のプレミアリーグ優勝候補にチェルシーを挙げた。

スールシャールは、チェルシーに強い印象を受け、マンチェスター・シティやリヴァプールとともにタイトル争いをするだろうと語った。

「マンUとチェルシーは、良い補強をしたし、タイトル獲得に挑戦できると思う。これから始まるシーズンは、これまでのプレミアリーグの中でも最も厳しいものになるだろう。」

ブルーズは、水曜日の夜にベルファストに移動し、ヨーロッパリーグのチャンピオンであるビリャレアルとのUEFAスーパーカップに臨む。プレミアリーグは、スタンフォードブリッジでパトリック・ヴィエイラ新監督率いるクリスタルパレスと開幕戦を行う。

「もちろん、ここ数年はシティとリヴァプールが争っている。去年の優勝チームよりも上になったクラブが優勝するだろう。」