チェルシーのGKエドゥ・メンディは、トーマス・トゥヘル、ペトル・チェフ両氏から影響を受けており、2人から受けた信頼に報いるべく常に努力していると語っている。

メンディは2020年9月にチェルシーに入団し、以来90試合以上に出場している。そのうち72試合はドイツ人指揮官トーマス・トゥヘルの下でプレーしており、彼は自身のキャリアの中で最高の監督の一人であると認めている。

メンディは、2人が良好な関係を築いている大きな要因として、お互いを理解し合っていることを挙げている。

「監督とは本当にいい関係で、自分にも、選手たちみんなにも、いつも明確に伝えてくれる。いつもちゃんと説明してくれるし、メッセージが理解されるように努めてくれる」とトゥヘル監督について語るエドゥ。

「彼は常に自身の決断を説明しようとするし、彼の行動には透明性がある。彼とは良い関係を築いている。何でも話せるし、何でもないことも話せる。でも、ピッチで起きていることについて話すときは、いつも良い意見交換ができるんだ。」

メンディはまた、元ブルーズGKのペトル・チェフに好印象を受けるよう、常に努力していることも明かしている。チェフは現在、コブハムでテクニカル・パフォーマンスアドバイザーを務めている。

「ペトルは、自分がチェルシーに来る大きな要因だった。ペトルとクリストフ・ロリションは、朝起きたときに、彼らが正しい決断をしたことを示すにはどうすればいいかを考えさせてくれる人たちなんだ」とエドゥは明かしている。

「ピッチ上のパフォーマンスで、常に彼らに誇り思ってほしい。昨年はペトルと一緒に練習する機会があり、彼がピッチから退くという決断をしたとしても、彼がいかに素晴らしい選手であるかを知ることができた。」

「才能は決して死なないと彼らは言うんだ。幸運にも、彼の進化を見ることができ、毎日彼からアドバイスをもらうことができた。特に、チェルシーで多くの勝利を収め、GK界のレジェンドとなった彼の言葉は、自分にとってとても重要なことだ。だから、GKコーチから得るものだけでなく、彼の意見や専門知識を得ることは非常に重要なことなんだ。」