フランク・ランパードが4名の負傷選手について状況を報告した。

アヤックス戦で足を痛めたメイソン・マウントについては、クリスタルパレス戦に間に合うと示唆。一方で代表招集を受けたロス・バークリーについては欠場と明言している。

「ロスはまだ無理だね。メンバー入りはできない」と話すランパード。

「ギャレス(・サウスゲイト)やスティーヴ(・ホランド)、ロスやみんなとこの先10日間どうすべきかを話するつもりだ。結論はどうあれ、今回はメンバー入りしない」

「メイソンはメンバー入りする。今後24時間でさらに様子を見て、最終的な判断をしたいね」

リュディガーとルベン

4月以降プレミアリーグで45分間しかプレーできていないアントニオ・リュディガーは、月曜日に専門家の判断を仰いでいる。

「手術を行なって、まだ3週間ほどは無理だ。試合に出られるだけのフィットネスに戻す必要もある」

「信頼できるところで判断してもらうのが何よりだ。どうすべきかをずっと考えていた。トニはずっと悩まされていたからね。苦しかったはずだ。この3週間で快方に向かうことを願うよ」

同じく長期離脱が続くルベン・ロフタス=チークも、まだメンバー入りは遠いようだ。

「長い長い道のりだ。ルベンにとっては厳しい時間だね」と話すランパード。

「彼自身もチームも1日でも早い復帰を願っているが、まだ時間はかかる。辛いと思うよ。復帰はいつになるかまだ予想が立たない」

「だが全員で支えていくつもりだ。とはいえすぐに結論は出ない」

フランク・ランパードの試合前記者会見の模様はこちら…