チェルシーの一員としてヨーロッパ王者になったことを喜ぶメイソン・マウントは、「夢のようだ」と語った。

この若きブルーは、マンチェスター・シティとの試合で、カイ・ハフェルツの決定的なゴールをアシストするなど、重要な役割を果たした。彼の持ち前の仕事ぶりと攻撃力で、大舞台でも印象的なパフォーマンスを見せてくれた。

ミッドフィルダーは、決定的な活躍と自分たちが歴史上の伝説的なクラブ達に肩を並べたことに喜びを隠せないようだ。

「言葉にできない、ありえないことだ。これまでチェルシーで2つのFAカップ決勝戦に出場したが、どちらも負けてしまった。それも試合後の悲しみが応える負け方でね。」

「子供の頃から夢見ていたのは、決勝戦に進出して優勝し、トロフィーを掲げることだった。それが自分の全てであり、このクラブの全てでもある。子供の頃、スタジアムで見ていたし、チームの内外からよくわかっている、チャンピオンズリーグでは欧州トップチームとの厳しい戦いだったが、それを勝ち抜くことができたのは特別なことだよ。」

「今この瞬間、僕たちは世界最高のチームだ!誰にも否定させないね!」

決勝戦に出場した3人のアカデミー出身選手のうちの1人であるマウントは、自分を成長させてくれた道すじと、長年に渡って支えてくれた家族に感謝を伝えた。

「また、選手だけでなく、スタッフもいる。ジョー・エドワーズもそうだし、たくさんのスタッフが自分たち選手と一緒にやってきた。私たちにとって優勝の意味は、信じられないほど大きいんだ。」

「父がちょうどスタンドから降りてきたところで、その姿を見て涙が出た。この瞬間を迎えるまで長い旅路だったので、家族には本当に感謝している。私にすべてを与えてくれた。」