アブダビでの2日目のトレーニングでは、メイソン・マウントが復帰し、他の選手と軽いトレーニングを行った後、フィットネス向上のために個人練習を行った。

マウントは、週末のプリマス戦で負傷し、1日目のセッションには参加しなかったが、トーマス・トゥヘル監督が引き続き不在の中、午後にはアルノ・ミヒェルズとジョルト・ルーヴの2人のアシスタントコーチ率いる21名の選手たちのトレーニングに加わった。

初日はプリマス戦への参加レベルに応じて別々にトレーニングを行っていたが、水曜日のクラブワールドカップ準決勝の対戦相手がサウジアラビアのアル・ヒラルに決まったため、フィールドプレーヤーは全員揃ってセッションを開始した。マウントはその後、ピッチサイドに移動して単独でチームホテルに隣接する練習場の施設に沈む夕日を眺めながら調整を続けた。この日は、短いパス回しとミニゲーム、そしてペナルティーキックの練習が中心だった。

月曜日の練習に不参加だったのはリース・ジェイムズとエドゥアール・メンディだけだったが、アフリカネイションズカップの覇者は、今週末にクラブのチームメイトと合流する予定だ。しかし、彼はその前にセネガルに戻ってお祝いをしなければならない。チェルシーは今日、水曜日にアル・ヒラルと対戦するムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアムで練習を行う。その試合前の記者会見も日本時間午後10時頃から行わる予定だ。ムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアムでは、トゥヘル監督のアシスタントであるジョルト・ルーヴとキャプテンのセサル・アスピリクエタがメディアからの質問に答える予定だ。