メイソン・マウントは、アウェイでハンガリーを破ったイングランドの勝利は、スリーライオンズの自信と個性の強さを示していると考えているようだ。

マウントは、先週行われたワールドカップ予選、ガレス・サウスゲート監督率いるチームがハンガリーを撃破した試合、重要な役割を果たし、ブダペストでラヒーム・スターリングの先制ゴールを演出した。

ホームのファンは、イングランドの選手たちに飲み物の入ったカップを投げつけて敵意を剥き出しにしていた。しかし、ハリー・ケイン、ハリー・マグワイア、デクラン・ライスがゴールを決め、最後に笑ったのはスリーライオンズだった。

試合後、マウントはメディアの取材に応じ、イングランド代表の自信と、ホームの大観衆の反応が皮肉にも勝利に貢献したことを強調した。

「これまで何かに怯えていたわけではないと思う。」説明する。

「私たちは自信を深めている。過大な自信ではなく、チームに何があるのかを知っている。」

「スタジアム全体が敵になった時、私たちは成長できる。選手としては、敵対的な環境になることは分かっていたので、チャンスを逃さないように心がけた。」

「私たちは、オン・ザ・ボール何ができるのかを示し、自分たちのプレーや行動でスタジアムを静かにさせたいと思っていた。」

「私たちは、ゴール前での殺し屋のような鋭い嗅覚を持っていた。それが試合を仕留めることに繋がり、そして相手に希望を粉々にした。我々がゴールを決めた瞬間、何かが投げられたり、何かが起こるのではないかという雰囲気があったが、幸いにも誰も怪我などしなかった。」

このパフォーマンスを、日曜日にウェンブリーで行われるアンドラ戦、そして水曜日に行われるポーランド戦という、今週行われる次の2つの予選試合に生かすことができるとマウントは考えている。

「この勝利は、我々にとって大きな意味を持ち、特にグループの構成上、チームをさらに前進させるものだった。」とマウントは付け加えた。

「このキャンプではあと2試合あるが、非常に集中していて、プッシュし続ける準備ができている。」

「ユーロ決勝戦や夏に起こったことの反動で、この試合は、私たちが戻ってきて、より強くなって、さらに集中して、成功したいという強い願望を持って戻ってきたことを示すため、非常に重要な試合だった。」