メイソン・マウントは、本日発表された「EAスポーツ・プレミアリーグ・プレーヤー・オブ・ザ・シーズン」に加え、「ウブロ・プレミアリーグ・ヤングプレーヤー・オブ・ザ・シーズン」にもノミネートされました。

チェルシーで素晴らしいキャンペーンを展開し、プレミアリーグでトップ4入りを果たし、ポルトでチャンピオンズリーグのトロフィーを掲げるまで、終始重要な役割を果たしてきました。

まだ22歳の選手は、2020/21シーズンのブルーズで誰よりも多くのリーグ戦に出場し、わずか2試合しか欠場しませんでした。プレミアリーグ全体で、彼の36試合の出場数に匹敵する若手選手は、バーンリーのドワイト・マクニールしかいません。

プレミアリーグの「シーズン最優秀選手賞」にノミネートされていますが、今回、「シーズン最優秀若手選手賞」の候補にも挙がっています。

両賞の受賞者は6月5日(土)に発表されます。ヤングプレーヤーオブザシーズンはこちら そしてプレーヤーオブザシーズンはこちらから投票ができます。

マウントは、ドミニク・カルバート・ルーイン(エバートン)、イラン・メスリエ(リーズ・ユナイテッド)、マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)、デクラン・ライス(ウェストハム・ユナイテッド)、ブカヨ・サカ(アーセナル)、ルーベン・ディアス、フィル・フォーデン(ともにマンチェスター・シティ)とともに、ヤング・プレーヤー・オブ・ザ・シーズンにノミネートされた8人の選手のひとりです。

チェルシーのMFは、今シーズン、ブルーズのサポーターから「2020/21年チェルシー最優秀選手」に選ばれ、スタンフォード・ブリッジでのホーム最終戦の前にその賞を受け取ったことで、すでに個人賞を1つ獲得しています。