チェルシーは昨日、サウサンプトン戦でに見事な勝利を収めた。その勝利の立役者は、メイソン・マウントだった。

ポーツマスファンであったメイソンは、サウサンプトンの本拠地での3試合でそれぞれ得点を挙げているが、家族がポンペイに所属しているため、この試合は彼にとって他の試合よりも少し意味があることを認めている。

昨日は、中盤と攻撃の間を行き来し、プレーをつなぎ、深い位置でプレイをした。マルコス・アロンソの先制点を見事にお膳立てし、その後この試合彼の初のゴールを遠くからシュートを放ち決めた。2ゴール目も落ち着いて決めて、チェルシーにとって最高の一夜となった。

「火を噴くようなパフォーマンスだった」と、マウントは試合後に語った。」

「我々には勝利が必要だった。それしか頭になかった。誰が前にいようと関係なく、2度の不本意な結果を受けて、すべてを出し切ろうと思っていた。私たちのパフォーマンスには、少しばかりフラストレーションがあり、チームを懲らしめようとする執念が感じられた。」

「序盤のゴールは助かった」とマウントは付け加えた。

私たちは100%の力を出し続け、さらに数点のゴールを決め、私たちにとってポジティブな結果で試合を終えました。特にこの勝利は、ここ2試合の結果を受けて私たちにとって大きな自信を与えてくれました。。自信を取り戻し、勝利の感覚を味わうのはいい気分だ。この調子でシーズン終盤を戦いたい。

マウントは自身のプレーについて、一貫性が重要であることに変わりはないと説明し、今シーズンのリーグ戦で10ゴールを達成したことは、キャンペーンの最初に自ら設定した目標であり、誇りに思っていると語った。

セント・メリーズで2得点を挙げたティモ・ヴェルナーも、チェルシーの選手としてセインツとの対戦を楽しんだ。昨シーズンもブリッジで2点目を決めた、チームメイトを賞賛した。

「彼が出場しているとき彼はを決めるので、彼にとっては素晴らしいことだし、僕もとてもうれしいです。」

「彼のシュートは何度かポストに当たっていたので、もう少しやれたかもしれませんが、ティモは常にハードワークして一生懸命にプレーする選手です。彼はチャンスを逃したことを気にせず、次のチャンスに集中して、必ず決める。

「彼の功績は、常にボックス内に入り、ゴールを決めようとしていることです。」とマウント選手はチームメイトについて語った。