メイソン・マウントのボレーシュートが、12月のプレミアリーグ・ゴール・オブ・ザ・マンスの候補に選ばれた。

マウントがノミネートされたのは、12月初旬に挙げた4ゴールのうちの2つ目、ロンドン・スタジアムでのウェストハム・ユナイテッド戦での正確なボレーシュートで、この試合チェルシーはハーフタイム寸前にリードを奪ったものの、結局3-2で敗戦を喫した。

しかし、マウントは素晴らしい落ち着きとテクニックで相手GKウカシュ・ファビアンスキを破りし、その一撃は今でも記憶に新しい。マウントは、ハキム・ツィエクのロングパスの軌道を持ち前の落ち着きで見切り、正確なボレーシュートをニアポストの低い位置に決めた。

このゴールは上の動画からもう一度見ることができる。また、1月10日(月)正午(イギリス時間)まで、メイソンのゴールにこのリンクから投票を行うことができる。もしこれを受賞すれば、2019年4月のエデン・アザール以来のこととなる。ちなみにアザールのベストゴールもウェストハム戦で決めたものだった。

このゴールは上の動画でもう一度見ることができる。また、1月10日(月)正午(イギリス時間)まで、メイソンのゴールにこのリンクから投票を行うことができる。もしこれを受賞すれば、2019年4月のエデン・アザール以来のこととなる。ちなみにアザールのベストゴールもウェストハム戦で決めたものだった。

候補に選ばれた他のゴールは、トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール)、ベルナルド・シルバ、ケヴィン・デ・ブラウネ(ともにマンチェスター・シティ)、デマレイ・グレイ(エヴァートン)、アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)、ニール・モペイ(ブライトン)、ルーカス・モウラ(トッテナム・ホットスパー)の7選手によるもの。

12月のプレミアリーグ月間最優秀ゴール賞の受賞者は、1月14日(金)午後1時に発表される予定だ。