ハーヴェイ・ヴェイルがチェルシーと新たに3年契約を結び、チャンピオンシップのハル・シティに2022/23シーズンの残りの期間、レンタル移籍で加入することが決まった。

今夏の欧州選手権でキャプテンを務めたU-19イングランド代表は、2025年までブルーズに所属し、今季は初のレンタル移籍で成長を続けることになる。

6年前に入団して以来、アカデミーを経て、昨シーズンはカラバオカップ準々決勝のブレントフォード戦でトーマス·トゥヘル監督のもと、シニアデビューを果たした

また、アカデミー·プレイヤー·オブ·ザ·イヤーを受賞し、育成チームの中で最も多くの試合に出場した。

ハル·シティは現在チャンピオンシップで11位、ショタ·アルベラーゼが監督を務めており、ヴェイルは同じくチェルシーからレンタルされているネイサン·バクスターとシャビエル·シモンズに加わることになる。

一方、アカデミー出身のストライカー、ジェイデン・ワレハムは、今シーズン残りの期間、レイトン・オリエントにレンタル移籍することが決定した。

この若いフォワードは、今シーズンのプレミア・リーグ2の最初の4試合に出場し、8月のウルブズ戦では7-1の勝利を収め、ブレースを決めている。

ウォーキングからアカデミーに入団したこの若手フォワードは、昨年アンディ・マイヤーズの育成チームで大きな役割を果たし、重要な場面でゴールを決め、生き残りを支えた。

アスコット出身のストライカーは、2022/23シーズンのレンタル移籍でオーズに加入し、現在リーグ2位のチームで良い印象を与えたいと考えているようだ。

また、ブライアン・フィアベマはフォレスト・グリーン・ローヴァーズへの期限付き移籍を完了した。

ローゼンボリBKでのレンタルが先月終了し、この若きストライカーは今シーズンの残りをリーグ・アンでプレーすることになった。ノルウェーのトップリーグで13試合に出場し、2ゴール、2アシストを記録した。

19歳は、2021/22シーズンにリーグ・ドゥを制してリーグ・アンへの昇格を果たしたチームとリンクすることになります。