マット・ミアズガがチェルシーとの契約を延長し、アラベスにレンタル移籍することが決まりました。

26歳のCBミアズガは、昨シーズン、何とか降格を免れたスペイン北部のアラベスにレンタル移籍します。

米国出身のミアズガは、2016年1月にニューヨーク・レッドブルズからチェルシーに移籍し、18歳でシニアデビューを果たしました。

冬に到着したブルーズでは、2016年4月の週末に連続してアストンヴィラとスウォンジー・シティとのアウェー戦で2試合に出場し、翌シーズンはフィテッセにレンタル移籍してオランダカップ優勝に貢献しました。これはクラブ史上初めて獲得したトロフィーで、その2017/18シーズンもエールディビジでプレーしました。

その後、フランスのナントに半年間所属し、9試合に出場した後、チャンピオンシップのレディングに移籍しました。レディングでは1年半の間に42回の出場を果たし、チームは降格を逃れ、そして2019/20シーズンには14位となりました。

パンデミックによるリーグ中断の後、ミアズガはベルギーのアンデルレヒトに移籍し、33試合に出場して1ゴールを記録しました。

トーマス・トゥヘル率いるブルーズでプレシーズンに臨んだ後、ミアズガは2021/22シーズンを、リーガ・エスパニョーラのアラベスで過ごすことになりました。アラベスは開幕戦でレアル・マドリードに4-1で敗れています。