トーマス・トゥヘル監督の下驚異的なスタートを切ったチェルシーだが、クラブのレジェンドであるパット・ネヴィンはどのようにしてチームが劇的な変化を遂げたのかを分析し、選択肢の増加がカギとなっていることを指摘した。

わたしは既に何度かこの時期に多くの試合を観戦できるのは、非常に恵まれたことだと言っている。この「仕事」は当たり前のものではなく、今現在ファンがスタジアムで観戦できないことを考えると尚更である。

いや、しかしリヴァプールファンに関しては今すぐアンフィールドに戻りたいと思っている人は少ないかもしれない。全体的にはファンは良い時も悪い時もチームを傍で見守りたいだろうし、生の試合の臨場感を味わいたいだろう。

今ファンにとってスタンフォードブリッジでチームをサポートするのは特に素晴らしい体験となるだろう。出だしで躓いたりうまく復調できないこともあったが、今は何か非常に特別なことが起こりそうな予感がしている。

この時期にマンU、リヴァプール、エヴァートン、そしてアトレティコ・マドリードと対戦し、すべての試合を無失点で乗り切ったことが、このチームがいかに改善したかを明確に示しているだろう。

このような劇的な改善の理由を分析するのは簡単なことではないだろう。ディエゴ・シメオネ、カルロ・アンチェロッティ、ユルゲン・クロップ、そしてジョゼ・モウリーニョのようにトーマス・トゥヘル監督の手腕が光ったと指摘するのも当然だろう。

更に彼がアンドレアス・クリステンセン、マルコス・アロンソ、そしてカイ・ハフェルツのように出場機会に恵まれなかった選手たちの能力を引き出したことも評価されるべきだろう。その中で最も重要なのは、冬季移籍市場で補強することなくチームを改善したことかも知れない。

彼はチームに柔軟性をもたらし、常に試合に出場し続けたメイソン・マウントでさえエヴァートン戦でベンチスタートさせるなど、休養の必要な選手を休ませることに成功した。

彼が得たのは選択肢で、これはどのクラブも羨ましく思うことだろう。先週はクリスタルパレス対マンチェスターユナイテッド、リヴァプール対チェルシー、リヴァプール対フラム、そして5th Standアプリでエヴァートン対チェルシーを観たが、リヴァプール、エヴァートン、そしてパレスは選手層の薄さが際立っていた。

パレス戦でマーカス・ラッシュフォードとブルーノ・フェルナンデスは前半終了のだいぶ前から疲れが見えていたが、スールシャールは彼らをプレーさせ続けた。マンCに勝利したマンUだが、試合によっては空回りしている選手たちが数人いた。

自分のチームのことで頭がいっぱいになるのは当然だが、相手の監督の視点に立つことがカギとなる。エヴァートン戦ではこのクラブとカルロ・アンチェロッティに愛着があり、いつもよりそれを簡単に行うことができた。

トフィーズ戦のハーフタイムまで10分、エヴァートンの中盤はスペースを埋めることができておらず、カルロ・アンチェロッティが修正してくるだろうと予想した。問題はベンチの選手たちのレベルで、ピッチ上にいた選手たちと比べると大きく劣っていたのは明らかだった。

リヴァプールは更に酷い状態で、フラム戦に召集された若手CB3人合計のプレミアリーグ試合出場数は20のみで、そのすべてがスタメン出場でもなかった。一方エヴァートン戦でトゥヘルはベンチにチアゴ・シウバ、トニ・リュディガー、そしてベン・チルウェルを擁した。つまりチェルシーの選手層は非常に厚いのだが、プレミアの他クラブと比べ、この時期に更に成長しているのはブルーズだけと言えるだろう。

この時点でエヴァートン戦におけるカイ・ハフェルツの与えた影響を無視することはできないだろう。彼は恐らく別格の選手であり、実際にそのようなプレーを見せたように思える。

自信もありプレミアリーグのトップレベルでプレーできる力強さも持っているが、攻撃において更に改善できる部分も多いだろう。どの選手にも起こり得るような一試合だけの優れたパフォーマンスには見えなかった。バーンズリー戦でハットトリックを達成した彼だが、それが彼のスタンダードなのだろう。エヴァートン戦で彼は本来の実力を発揮し出したように見える。

これまでの彼の成績は15試合で5得点と悪くないが、彼自身もっとできると思っているだろうし、これからどんどん良くなっていくだろう。スマートで危険な動きで先制点はオウンゴールと判定され、後半の追加点もハンドにより取り消されたが、前線でボールを持つと持ち前のスキルと強い意志で攻撃を仕掛けた。彼とメイソン・マウントのプレーは相手DFに大きな脅威をもたらすだろう。

彼の台頭はトゥヘルに更なる選択肢を与え、監督は一人一人の起用を「計画的」に行っているかのようだ。既にアロンソ、クリステンセン、カラム・ハドソン=オドイの能力を引き出し、今はハフェルツ、そしてヴェルナーも調子を取り戻している。負傷によりコンディションを落とし出場機会を減らしたハキム・ツィエクが次の選手となる可能性が高いと個人的に思う。

トゥヘルのこれまでの采配を見ると、ベストに程遠いハキムについて満足はいっていないのではないだろうか。彼が復調すればシーズン終盤に向けて相手にとっては更なる脅威となるだろう。