ディディエ・ドログバがプレミアリーグの殿堂入りを果たしたこの日、彼の長年のチームメイトであるペトル・チェフが、イングランドサッカー界に与えた影響、ビッグゲームにおける彼の成功、同じ道を歩んできた光栄について語った。

私が初めてディディエに出会ったのは、私がレンヌにいた頃で、彼はギャンガンでプレーしていました。その後、マルセイユに移籍し、リーグ1の得点王に輝きました。その後、彼がチェルシーと契約し、いい契約だと思いました。

彼は大きくて、強くて、パワフルで、ボックスに入ってくるあらゆるタイプのボールを自分で仕留めることができました。ボールを保持し、空中戦でも圧倒的な強さを誇っていました。フリーキックを蹴ることもできました。1対1でも、右足でも左足でもよかったし、完璧な選手でした。最強な選手を手に入れたと思いました。彼のような選手が加入すれば、何かを勝ち取るチャンスがあると思いました。

共に歩んだ道

私たは同じ夏の移籍でチェルシーに加入しました同じリーグからやってきて、対戦したこともあったので、お互いを知っていました。フランスでは、私はチーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、彼はトップ・ゴール・メーカーでした。私たちには、もう一度自分の力を発揮し、勝利を手にするという共通の目標がありました。フランスとのつながり、言葉のつながりもありました。お互いに助け合うことができ、勝つためにベストを尽くすという目的も一致しました。

彼は、一部の人が予想していたよりもスタートが遅かった。プレミアリーグの方がはるかにフィジカルで、審判のアプローチも違っていましたからね。相手を打ち負かす方法を見つけなければならなかったのです。当時のチームには、自分より大きくて背の高い選手がいて、本当にフィジカルなチームもありました。しかし、彼が動き出した瞬間、誰も彼を止めることはできなかった。波に乗り、それは彼が引退するまで止まりませんでした。彼がいかにしてこのクラブ、このリーグ、そして世界のサッカー界で伝説となったか、私たちは皆知っています。

善の力

個性的な人は、たいていそれをストレートに表現します。それがドログバでした。彼は嫌われることにも、トラブルに巻き込まれたときにも 彼の反応と献身を見ることができました。彼は自分の感情を表に出すことを恐れていなかったのです。ピッチの上では、時にはそれが必要でした。僕とフランクはあまり感情を表に出さなかったけど、JTとディディエは出していた。ドレッシングルームにそういう人たちが混在しているのはいいことでした。ピッチ上での役割が重要になるにつれて、ドレッシングルームでの役割も大きくなっていました。

ディディエがビッグゲームで活躍できたのは、彼のメンタリティのおかげでした。彼はスポットライトを浴び、ゴールを決めるのが好きでした。大きなプレッシャーに弱い人もいますが、彼は正反対でした。彼は挑戦することが好きでした、物事を成し遂げるためのツールを手に入れるために毎日働いていました。

彼の仕事に対する姿勢と準備は、大事な場面で彼を助けてくれました。ドログバはいいトレーナーだった。試合の後はぐったりすることもありましたけど、一番フレッシュな状態ではなかったけど、彼はいつも自分の身体と準備に注意を払っていました。彼は常にフィニッシュとフリーキックの練習にも励んでいました。それが功を奏しました。彼があれほど多くのゴールを、しかもさまざまな方法で決めたのは偶然ではなかったのです。

最終章

チェルシーを出て、戻ってきて、リーグ優勝して、また出て行くというのは、彼にとっては少し不思議なことだったのでしょう。2度目の移籍は、彼にとって素晴らしい経験でした。ジエゴ・コスタの後ろで、違う役割を担っていたが、チームの優勝に貢献し、再び高揚感をもって去っていっきました。彼は自分のキャリアでどの段階にいるかを理解していました。僕らが彼を必要とするとき、彼はいつでも助けに来てくれました。

彼がこのように評価されたことをうれしく思います。彼は、プレミアリーグにおいて、その献身性、ゲームへの情熱、ゴール、パーソナリティにおいて、常に記憶される選手の一人です。偉大な業績であり、本当にふさわしい選手です。