チャンピオンズリーグ、グループHのトップ2が直接対決。クラブの専門家リック・グランヴィルとポウル・ダットンが若きチーム同士の対決をプレビューしている…

チャンピオンズリーグのグループステージは折り返し地点を迎え、後半戦へ。チェルシーは今シーズンのチャンピオンズリーグにおける、スタンフォードブリッジでの初ポイントを狙う。

敵地アムステルダムで行われたアヤックス戦では途中出場のミシー・バチュアイが決勝点。今夜の試合を終えてもまだ6ポイントが残されており、今夜の時点でノックアウトステージ進出を決めるチームはいない。

今夜の直接対決の結果は最終順位に影響を及ぼすだろう。複数チームが勝ち点で並んだ場合、最終順位は当該チームの直接対決の結果によって決定される。UEFA公式サイトの順位表ではアヤックスがチェルシーを抜いてグループH首位に立っているが、これは第6節が終わるまでは勝ち点で並んだチームがアルファベット順に表示されるからだ。

ブルーズはアヤックスのチャンピオンズリーグアウェイゲーム5連勝(予選を除く)にストップをかけたいところ。昨シーズンは準決勝でトッテナムとのアウェイゲームを制したアヤックスだが、それ以前はイングランドの地で47年間に1勝のみという成績だった。

1968年以降、チェルシーはオランダ勢相手に5戦無敗だ(アヤックス、フェイエノールト、DWSアムステルダムを相手に3勝2分)

カンテが復帰

アムステルダムではエドソン・アルヴァレスとリサンドロ・マルティネスに対して、メイソン・マウント、ジョルジーニョ、マテオ・コヴァチッチの3人を中盤で起用したフランク・ランパード。離脱していたエメルソンは土曜日に復帰し、ロス・バークリー、アンドレアス・クリステンセン、エンゴロ・カンテもトレーニングに参加した。

一方のアヤックスはPECズウォレ戦でドニー・ファン・デ・ビーク(ハムストリング)とアルヴァレス、マルティネス(いずれも打撲)が怪我を負っている。

KNVBからサポートを受けるアヤックス

フランク・ランパード率いるチェルシーはワトフォード戦から中2日でアヤックス戦を迎えることに。ヨーロッパ各国のフットボール協会とは異なり、イングランドではUEFAやFIFA主催大会を加味した日程調整が行われにくい。

昨シーズン、アヤックスはチャンピオンズリーグ準決勝でトッテナムと対戦。オランダのフットボール協会であるKNVBはアヤックスに対してエールディビジの試合を延期する措置をとった。先週末のPECズウォレ戦は金曜日開催に前倒しされ、アヤックスはブルーズよりも1日多くの準備時間を得たことになる。

PECズウォレ戦ではアヤックスが開始20分で3-0とリードしたものの、後半にPECズウォレが反撃し3-3の同点に。しかしこのゴールはオフサイドによって取り消され、最終的にはアヤックスが4-2で勝利を手にしている。

序盤にゴールを決めるブルーズ

ワトフォード戦ではジョルジーニョがエイブラハムへ今シーズン最高レベルのパスを供給し、先制点を演出。若きブルーズは試合序盤にゴールを決めているようだ。

エイブラハムはここまで試合の開始20分間に4ゴールを挙げており、チーム全体では7ゴールという記録だ。公式戦アウェイゲームの前半ではブルーズが16得点、7失点を記録している。

ヴィカレージ・ロードではクリスティアン・プリシッチが決勝点を挙げた。プリシッチはここ2試合で4ゴールを記録しており、ここまでの5アシストを含めれば、ブルーズ12試合出場で9ゴールに関与したこととなる。

そのうちの8ゴールはアウェイで記録されたもの。ブルーズはプレミアリーグのホームゲームで平均1.6ポイントだが、アウェイではリヴァプールに次いで2番目の平均2.5ポイントを獲得している。アヤックスはリーグ戦ここまでホームゲームで平均3ポイント、アウェイでは平均2.43ポイントという記録だ。

クラブ新記録

チェルシーは先週末の試合でクラブ新記録を樹立:トップリーグにおいて、公式戦アウェイゲーム7連勝

ディヴィジョン2では1989年2月から4月にかけて公式戦アウェイ7連勝を記録していた。

2019年のアウェイ7連勝2019/08/24   ノリッチ 3-2             プレミアリーグ2019/09/14    ウルヴズ 5-2             プレミアリーグ2019/10/02    リール 2-1                   チャンピオンズリーグ2019/10/06    サウサンプトン 4-1    プレミアリーグ2019/10/23     アヤックス 1-0          チャンピオンズリーグ2019/10/26     バーンリー 4-2          プレミアリーグ2019/11/02     ワトフォード 2-1       プレミアリーグ

1989年のアウェイ7連勝1989/02/04     ウォルサール 7-0       ディヴィジョン21989/02/18     プリマス 1-0         ディヴィジョン21989/03/15     ブライトン 1-0           ディヴィジョン21989/03/18     マンチェスター・シティ 3-2        ディヴィジョン21989/03/21     サンダランド 2-1       ディヴィジョン21989/03/28     イプスウィッチ 1-0    ディヴィジョン21989/04/08     ウェストブロム 3-2    ディヴィジョン2

また、ブルーズはプレミアリーグ記録となるアウェイ11連勝の記録も保持している。これは2008年4月から12月にかけて記録されたものであり、2017年にマンチェスター・シティが並んでいる。

チェルシー VS アヤックス - スタッツ