新しいプレミアリーグのシーズンが到来し、チェルシーは初戦から首都ダービーに臨む。

水曜日にベルファストでの試合を終えたヨーロッパの王者は、土曜日にクリスタルパレスと対戦する。チェルシーは、ここのところ公式戦6試合で3つの決勝を行っている。

しかし、ハードワークはここから始まる。チャンピオンズリーグの栄冠を手にしたチームに対し、対戦相手は必死になって勝ち点を取りに来るだろう。

しかし、信念は山をも動かすことができ、このチームとコーチングスタッフが生み出した一体感、不屈の精神、そして勝利のメンタリティは、今や多くの人々が認めるものとなっている。

世界中のサポーターは、これまで通りTVで試合を観戦するだろうが、スタジアムが再開されたことにより、英国でのテレビ中継は限定されることになる。

トーマス・トゥヘル監督が就任してからのリーグ戦19試合のうち、17試合は無観客で行われた。ポルトとベルファストで一緒に祝ったファンとの結束を、これからブリッジでさらに深めることができるだろう。

チェルシーのニュース

ロメル・ルカクのセンセーショナルな復帰は、今週末の開幕戦に参加するには遅すぎただろうが、クラブの野心的な姿勢は明らかだ。偶然にも、ルカクが最後にロイヤルブルーのユニフォームを着たのは、2013年のスーパーカップだった。

水曜日のビリャレアルでの団結力と目的意識の高さを見るまでもなく、チェルシーでの最初のプレシーズンは、トーマス・トゥヘルにとって有益なものとなった。これまで馴染みのなかった選手たちを温かく迎え入れ、ベルファストではトレヴォ・チャロバーに先発を任せた。アカデミー出身のチャロバー、間違いなくブルーズのマン・オブ・ザ・マッチだった。

同様に、選手たちは、PK戦の際にエドゥアール・メンディを下げてケパ・アリサバラガを起用したことが、戦術的、そして士気の面で完璧に機能したことに感銘を受けているに違いない。こういった決断力や記憶に残る瞬間がチーム内で偉大な忠誠心を築くのだ。

「強力な攻撃は試合を制するが、強力なディフェンスはタイトルを制する」とはよく言ったものだ。そうだとすれば、これからリーグ戦で闘っていくための土台は既に昨季にできていたことになる。トゥヘル監督の下でリーグ戦失点数がチェルシーの13を下回ったチームはなく、これはタイトルを獲得したマンチェスター・シティよりも6少ない数字だ。

しかし、同時期にブルーズの25得点を上回ったのは9クラブもいて、2試合に1ゴールのペースで得点を重ねているルカクの獲得により、このデータの改善を目指している。もし彼が2020/21シーズンのチェルシーを見ていたなら、チャンス創出に問題がないことは把握しているだろう。

このようにポジティブに見えても、シーズン終盤には問題が出ていた。ベルファストでの試合では、ビリャレアルのほうがブルーズよりも好調に見えたこともあった。

チェルシーの監督は、スーパーカップでは選手にプレーする時間を与え、120分間プレーする準備ができていない選手を使いすぎるのではなく、タイトル獲得にこだわったと語った。また、昨シーズンに活躍した選手の中には、まだ全く出場していない者もおり、日曜日にはウェーマスとの親善試合が組まれている。

カイ・ハフェルツにとって、この数ヶ月はとても素晴らしいものだった。5月にはチャンピオンズリーグ決勝でゴールを決め、6月にはEuro 2020でネットを揺らした史上最年少のブルーとなり、今週はまたしてもUEFAのトロフィー獲得に欠かせないゴールを演出したのだ。

しかし、残念なことに、ゴールを決めたハキム・ツィエクは怪我のために開幕戦を欠場することになった。この夏、6つ目のゴールを決めたハキム・ツィエクは、間違いなくプレシーズンで最も傑出した選手だ。願わくば、このモロッコ人選手がすぐに復帰して、昨シーズンのように怪我で悔しい思いをしないようにしたいものだ。

セサル・アスピリクエタは、2020/21シーズンの最終節にヴィラパークでストレートレッドカードを受け、出場停止処分を受けたが、これは控訴により取り消されたため、土曜日の試合には出場することができる。

変化するパレス

クリスタルパレスでは、夏の間に大きな変化があった。それもそのはず、2020/21シーズンの終盤数試合の成績は、ウェストブロムとフラムを除いてリーグ最悪だったのだ。

ロイ・ホジソン監督の下では、平均年齢が最も高いスターティングメンバーを揃えていたが、後任のパトリック・ヴィエイラ監督の下では、経験豊富な選手に代わってポテンシャルの高い若手が起用されている。新チームの平均年齢は、昨季よりも7歳低くなっている。

サウサンプトンには、レンタル中のMFコナー・ギャラガー(今週末は出場不可)とCBマーク・グエヒ(2017年のU-17ワールドカップでイングランド代表のキャプテンをつとめた)という2人のコブハム出身者がいる。

彼らに加えて、レディング出身の10代のMFマイケル・オリーゼ(背中の怪我に悩まされている)、デンマーク出身のヨアヒム・アンデルセン(昨シーズン、降格したフラムのセンターバックの一人)、そして元サンダーランドのGKレミ・マシューズが加わった。

ヴィエイラは、彼らを昨シーズン14位だったチームの残りのメンバーに溶け込ませようとしているが、ウィルフリード・ザハ、クリスチャン・ベンテケ、そしてエベレチ・エゼ(今週末は欠場)の攻撃力は健在で、興味深いチームとなっている。

元アーセナルMFのヴィエイラは、30ヶ月間ニースの監督を務めたが、12月に解雇された。

評論家は、ヴィエイラが才能のあるチームを引き継いだものの、それを発揮させる方法を見つけられず、ニースはまさにホジソンのイーグルスのような守備的なチームになってしまったと指摘した。彼らに加えて、レディング出身の10代のMFマイケル・オリーゼ(背中の怪我に悩まされている)、デンマーク出身のヨアヒム・アンデルセン(昨シーズン、降格したフラムのセンターバックの一人)、そして元サンダーランドのGKレミ・マシューズが加わった。

ヴィエイラは、彼らを昨シーズン14位だったチームの残りのメンバーに溶け込ませようとしているが、ウィルフリード・ザハ、クリスチャン・ベンテケ、そしてエベレチ・エゼ(今週末は欠場)の攻撃力は健在で、興味深いチームとなっている。

元アーセナルMFのヴィエイラは、30ヶ月間ニースの監督を務めたが、12月に解雇された。

評論家は、ヴィエイラが才能のあるチームを引き継いだものの、それを発揮させる方法を見つけられず、ニースはまさにホジソンのイーグルスのような守備的なチームになってしまったと指摘した。

開幕戦

チェルシーは過去22回のリーグ開幕戦のうち17回勝利しており、1999年から2016年の間は18回連続で負けがない。その後、2勝2敗となり、そのうち3試合はアウェーでの試合だった。

ここ数年の開幕戦の結果

2017年バーンリー(H) 2-3 負2018年ハダースフィールド(A) 3-0 勝2019年マンチェスター・ユナイテッド(A) 0-4 負2020年ブライトン(A) 3-1 勝

この記事はリック・グランヴィル(クラブの歴史家)&ポール・ダットン(クラブのデータアナリスト)によるものです。