ウェンブリーでは、プレミアリーグの上位3チームのうち2チームが今シーズン初の国内主要トロフィーをかけて対決する。この試合を前にチェルシーのクラブ史に精通するリック・グランヴィルとデータ収集家ポール・ダットンが主なポイントを紹介する。

今月すでにもう一つのカップ戦で勝利しユニフォームに燃えるような金のバッジをつけることになったブルーズだが、日曜日のリヴァプールとのカラバオカップ決勝に向けて欲望は尽きていないだろう。この2つの偉大なクラブがぶつかる時はいつも情熱と激しさがつきまとうが、今回は国内カップ戦の最後の2チームとして史上3度目の決勝戦での対戦となる。過去2回はブルーズに軍配が上がった。

日曜日の決勝は、両クラブにとって今世紀6回目のリーグカップ決勝の舞台であり、ブルーズの新たな黄金時代を告げた17年前の決勝戦の再来となる。Daily Mirror紙はその試合のマッチレポートを「そして今、彼らは誰も、何も、彼らを止められないと思うだろう」と締めくくっている。

チェルシーはここ数シーズン、主要な大会の決勝に連続して進出しており、これはクラブ史上最長となっている。2014/15シーズン以降、この大会ではトロフィーを掲げていないものの、世界王者はロンドンにおける最初で最も最近のリーグカップ優勝者である。

これは、ブルーズが首都を離れることなく到達した初の国内決勝戦だ。また、チャンピオンズリーグ、スーパーカップ、クラブワールドカップを制覇したトーマス・トゥヘル監督は、就任期間わずか398日で5度目のトロフィー奪取を目指す。

トゥヘルは同胞ユルゲン・クロップとの最近の対戦で2勝2分け、うち3試合はイングランドでの対戦である。リーグ・カップ戦合わせてチェルシーが6連勝、リヴァプールが9連勝と、両チームとも好調を維持している。

チェルシーのニュース

開幕戦のゴールゲッター、カイ・ハフェルツはリール戦で今月3度目の90分以上のパフォーマンスを見せており、1トップの最有力候補となる。一方、ロメル・ルカクはウェンブリーでファン・ダイクらを相手に解き放たれるようフレッシュさを発揮できるか?トーマス・トゥヘル監督によれば、リーグ・カップ戦合わせて10ゴールを挙げているこのベルギー人選手は、カップ戦決勝で復帰できる「あらゆる可能性」を持っており、その選択肢は明るいニュースによって後押しされている。

メイソン・マウントが負傷のため火曜日のサブ組に入った一方で、最近の試合で影響力のあったマテオ・コヴァチッチとハキム・ツィエクが負傷を抱えている。しかし嬉しいことに、両者とも無事回復し、カラム・ハドソン=オドイとともに決勝戦に間に合いそうだ。また、8月のリヴァプール戦で退場処分を受け、物議を醸した長期欠場中のリース・ジェイムズも、2日前からチーム練習に復帰している。

ブルーズは過去4試合で3回のクリーンシートを達成している。今大会ではこれまでロンドン勢は2回失点しており、より少ない失点でトロフィーを獲得したのは1チーム(2018/19のマン・シティ)だけだ。

さらに中盤のエンゴロ・カンテだけでなく、前線のクリスチャン・プリシッチやハフェルツも徐々にベストフォームを取り戻しつつある。この3人はすでにレッズ戦のゴールに関与している。

アンフィールドでは、ハフェルツがポスト直前で巧みなヘディングシュートを決めた。その後、コーナーからジェイムズがVARによる検証の結果、ハンドで退場となった。このPKをモー・サラーが決めて同点としたが、チェルシーは10人で守り切り、勝ち点1を分け合った。

1月にブリッジで行われ2-2のドローで終わった試合は、互いの戦術を見せつけるものであった。リヴァプールの攻撃は、チェルシーのバックライン裏のスペースを狙ったパス中心となった。

コヴァチッチの豪快なボレーシュートは相手GKが弾いたこぼれ球から生まれ、またカンテのパスがレッズの右サイドを切り裂き、プリシッチが同点に追いついた。

このような場面で決着がつきそうな試合では、両キーパーもベストを尽くさなければならないだろう。ケパ・アリサバラガはこの大会でレギュラーを務めており、ここ3試合クリーンシートでセーブ率は90.5%となっているが、2週間前に行われたクラブワールドカップ決勝では、準決勝からエドゥ・メンディが代わって出場している。

*PK戦後の結果

復活したレッズ

リヴァプールはホームでリーズに勝利し、カラバオカップよりも切望されていたリーグ優勝の可能性を復活させたが、日曜日に気を抜くことはないだろう。

2015年の就任以来、ユルゲン・クロップはレッズを国内決勝に導いたのが1回(マンチェスター・シティに敗れた2016年のリーグカップ)しかない。イングランドでの最後の主要なカップ戦の成功から10年も経っているのである。

ロベルト・フィルミーノはしばらく復調しない見込みだが、ディオゴ・ジョータはスタメンではないにしろ、日曜日のベンチ入りはできそうだ。両選手の欠場は、週半ばにリーズを下したとはいえ、リヴァプールの前線に大きな損傷を残すことになる。

先週末の試合では、1時間後にノリッチが1-0でリードしていたことに苛立ったクロップ監督は、布陣を4-4-2に変更した。ルイス・ディアスは当初、サディオ・マネを中央に配置するサイドフォワードとしてプレーしていたが、復帰したストライカー、ディボック・オリジと並んだ。ボール扱いは巧みだが、1月に獲得したこの選手は、クロップのファーストチョイスほどプレッシングとディフェンスに精通しているわけでもない。

リーズ戦ではいつもの4-3-3が成功したが、レッズは今期の2回の対戦でブルーズに対してチャンスを作るのが難しいと感じている。アンフィールドでは10人相手に引き分けるためにPKが必要となったし、2-2で引き分けたブリッジでは、開始数秒後にセサル・アスピリクエタへのファウルでマネが退場処分を受けてもおかしくなかった。

アーセナルとの準決勝第1戦では正GKのアリソンが出場したが、クロップはクィービーン・ケレハーがグローブをはめることを示唆している。

カラバオカップの規定

VARシステムが運用される。ベンチ選手は7人で、90分間は5人使用、延長戦が必要な場合は6人まで認められる。また、2名の脳震盪による交代も認められている。フルタイム終了時に総得点が同じであれば、延長戦、または必要であればPK戦によって勝者が決定される。

チェルシーは、今シーズンのスーパーカップでビリャレアルに勝利したことを含め、過去3回のPK戦に勝利している。レッズは過去3回のうち2回負けているが、2019年のスーパーカップではタミー・エイブラハムのシュートをエイドリアンがセーブし、ブルーズを7-6で下している。

過去の対戦

両チームのリーグカップでの対戦は9回目、決勝戦は2回目で、ウェンブリーで行われるのは今回が初めてとなる。過去の対戦成績はチェルシーが4勝、リヴァプールが3勝。

チェルシーが過去4勝、リヴァプールが3勝しているのは、過去2回の対戦と、2005年2月にミレニアム・スタジアムで行われた2004/05の決勝戦が含まれている。この試合は、悪天候のため屋根が閉め切られた中、リヴァプールが序盤に先制点を挙げ、その後無得点で試合をコントロールしたが、残り10分、スタンフォードブリッジへの移籍が噂されるスティーブン・ジェラードのヘディングがオウンゴールとなってしまい、延長戦に突入することになった。

その後、グレン・ジョンソンのロングスローからディディエ・ドログバがシュートを決め、さらに交代出場のマテヤ・ケジュマンが3点目を挙げた。アントニオ・ヌニェスが3-2としたが、チェルシーにとってこれがローマン・アブラモヴィッチ時代初のトロフィー獲得となった。

スタンフォードブリッジ・ノース

中立地として使用される新ウェンブリー・スタジアムでの試合は、ブルーズが26回目で全クラブ中最多の出場となる一方、リヴァプールは8回目となる。レッズは、ツインタワーがライトアップされたアーチに変わってから、過去7回のうち1回だけ勝利を味わっている。ブルーズは、国立競技場での過去3回の決勝戦で敗れている。

新ウェンブリーでのカップ戦出場回数チェルシー 25マンチェスター・シティ 19マンチェスター・ユナイテッド 18アーセナル 15トッテナム 8アストンヴィラ 7リヴァプール 7ポーツマス 7

プレミアリーグ日程金曜日サウサンプトン 2-0 ノリッチ 20時土曜日リーズvsトッテナム 12時30分ブレントフォードvsニューカッスル 15時ブライトンvsアストンヴィラ 15時クリスタル・パレス対バーンリー 15時マンU vsワトフォード 15時エヴァートンvsマンC 17時30分日曜日ウェストハムvsウルブス 14時火曜日バーンリーvsレスター 19時45分