今季初めてホームのブリッジにて欧州大会の試合に臨むブルーズ。ライプツィヒとの一戦を前に、クラブの歴史に精通するリック・グランヴィルとクラブの統計学者ポール・ダットンが様々なファクトやデータ、見どころを紹介する。

今夜8時、ヘッドコーチ就任から6日目となるグレアム・ポッター新監督はスタンフォードブリッジの投光照明の下、チェルシーにとってクラブ史上199番目の対戦相手となるレッドブル・ザルツブルクを迎え、チャンピオンズリーグのマジックを体験することになる。

チェルシーにとってヨーロッパでの試合は284回目となるが、過去にオーストリアのクラブと対戦したのは4回だけで、いずれもウィーンのクラブであった。1965/66のインターシティーズフェアカップでは、ウィーナースポーツクラブを2-1で倒し、1994/95のカップウィナーズカップでは、ホーム&アウェー2試合を1-1で引き分けた後、アウェーゴールによりオーストリアウィーンを撃退している。


47歳のイギリス人指揮官は、チェルシーの監督として初めて、ヨーロッパのエリートコンペティションに参加することになる。ポッターの到着が(クロアチアでの敗戦後に切望される)勝利、または引き分けで、さらにミラノでザグレブが勝利すれば、グループEの3分の1を終えた時点で、CL2度の優勝を誇るチェルシーが2位に浮上することになる。

プレミアリーグが中断している間、オーストリアではマティアス・ヤイスレ監督率いる若さあふれるザルツブルクは、大幅にメンバーを入れ替えながらも格下のリートに3-0で勝利した。国内では絶好調のザルツブルクは、自信満々だろう。しかし、バイエルンでの7-1の大敗を含め、この大会での最近の3試合はすべて敗退しており、イングランドのクラブとの対戦は6戦して未勝利のままである。

リヴァプールとのリーグ戦が延期され、そのまま代表選によるブレークに入るため、この試合が10月1日のクリスタルパレス戦まで、世界王者にとって最後の試合となる。チェルシーはブリッジにてチャンピオンズリーグで過去8試合負けなし、マルメ戦とユヴェントス戦ではそれぞれ4点差をつけて勝利している。

チェルシーのニュース

チェルシーの新監督グレアム・ポッターは、先進的で魅力的なプレッシングサッカーに定評があり、その感情的な知性は自信とまとまりに欠ける非常に優秀なチームにとって貴重になる可能性がある。彼の戦術は明確に定義されているが、柔軟性があり、試合が始まるとしばしば微調整を行う。

世界王者に対して、常に後ろに下がってディフェンスし、エリア周辺をコンパクトに保ち、ワイドな攻撃を強いる相手チームに対する解決策を見出したいと考えているのだろう。しかし、プレミアリーグではオフサイドの回数は18回とトップであり、クロスからの空中戦でも相手を脅かすまでに至っていない。

その他、カウンターアタックやセットプレーの弱点を修正するために、ポッターの魔法が必要かもしれない。4バックを採用する可能性もあるが、通常は3-4-2-1の布陣で、トーマス・トゥヘル監督のように、質の高いウイングバック(もちろんマルク・ククレラも含む)が攻撃に参加し、高い位置をキープすることに重点を置いている。


しかし、ポッターはバイエルン出身のトゥヘルとは異なり、相手のカウンター時に3バックをカバーする守備的MF2枚を好んで起用する。この2人と、その前にいる2人の攻撃的MFは、中央で近い距離を保ち相手のスルーパスをブロックし、協調的なプレッシングを可能にするよう求められることが多い。

エンゴロ・カンテは欠場中、エドゥ・メンディも膝の故障で出場できない中、ケパ・アリサバラガがポジションをキープする予定である。チアゴ・シウバはディナモ戦でロンドンに残ったため出場しなかったが、保護マスクをつけたピエール=エメリク・オーバメヤンは歴史に名を残すことになるかもしれない。チェルシーのホームでのチャンピオンズリーグ・デビューゴール記録は現在、2006年のヴェルダー・ブレーメン戦で29歳351日のミヒャエル・バラックが最年長だ。オーバは現在33歳88日である。


チャンピオンズリーグ・グループE

Jaissle's Salzburg waltzersヤイスレのワルツ

ジェシー・マーシュの後任としてザルツブルクの指揮を執るマティアス・ヤイスレは、一般的に4-3-1-2またはダイヤモンド型の4-4-2のフォーメーション、つまり中央に詰め、攻撃的なフルバックに幅を持たせる布陣を用いる。

先週、ACミランはそれでも定期的に、短くて速い前線へのパスや、中盤を超える長めのボールでこの膠着状態を打破していた。特にドリブルをするMFイスマエル・ベナセルとスピードのあるラファエル・レオンのライン間の巧みな走りにより、しばしば負傷で欠場しているディフェンスを安全圏から引きずり出すことができた。

チェルシーは以前から、フィジカルの強さでゴールエリアを塞ぐチームに対して苦労しており、ザルツブルクは今晩もこの方法で仕掛けてくるかもしれない。国内では7試合でわずか3ゴールしか奪っていないが、ホームでのミラン戦では前後半ともに終盤に力尽き、同点ゴールを決められた。

しかし、ザルツブルクの最大の武器は、その効率的な攻撃だ。オーストリア・ブンデスリーガ首位のザルツブルクは、55%という驚異的な確率で枠内へのシュートを放ち、得点数でもリーグトップになっている。土曜日のリート戦では前線の2人を休ませたが、10代のスロベニア人選手ベンジャミン・セスコを含む交代要員はいずれも試合開始から20分以内にネットを揺らしている。

チーム得点王であるノア・オカフォーとフェルナンドといういつものストライカーコンビは、プレスの起点となり相手ディフェンスのパスコースを断とうとする。そして中盤のニコラス・サイヴァルトが高い位置で相手のビルドアップを封じようとする。



しかし、ウマル・ソレとマキシ・ウーバーが故障中で、ストラヒニャ・パブロヴィッチが唯一のセンターバックとなる可能性がある。そのため、ポッターのブライトンにレンタル移籍していた左サイドバックのベルナルドを中央に配置するかもしれない。

過去の対戦

ザルツブルクとは公式戦での対戦はないが、2019年7月に親善試合を行った。クリスチャン・プリシッチがネットを揺らし、失点はしたものの5-3でブルーズが勝利した。


初夜の雰囲気

ナイトゲームで監督としてデビューするのはグレアム・ポッターが初めてではなく、これまでの記録は非常にポジティブなものである。トーマス・トゥヘルは2020年1月、ウルブスのホームで18時キックオフで100試合出場を達成し、アントニオ・コンテは2016年8月、ウェストハムとのリーグダービーで開幕を飾った。そして、ラファエル・ベニテス監督のブルーズでのキャリアは、2012年11月25日の19時45分に、同じくトップリーグのマン・シティのホームで始まった。

さらに遡って、1998年2月、アーセナルとのリーグカップ準決勝で勝利したジャンルカ・ヴィアッリは、2009年2月、土曜日の夜にワトフォードとのFAカップで成功し、ロビー・ディ・マッテオは2012年3月6日(火)、同じ大会で照明の下バーミンガムシティーに勝利した。

これらの監督はそれぞれ、同じシーズンの終わりまでにタイトルを獲得しており、そのうち4つは、初采配となった大会で得たものだ。

テクノロジーの進化に阻まれたチリー

ベン・チルウェルは、先週、不運にもチャンピオンズリーグで新たな一ページをめくった。新しい半自動オフサイドトラッキングシステム(SAOT)は、選手マッピングソフトウェアとマッチボールのマイクロチップを瞬時に分析するもので、ウイングバックがディフェンダーより前に出ていたことを示す決定的なグラフィックが提示された。残念ながら、この判定により、VARはチリーのクロスからのピエール=エメリク・オーバメヤンの初ゴールは無効となった。

グループEのもう一試合

今晩、ディナモ・ザグレブをホームに迎えるACミランは、土曜日に現在3位のセリエAでサンプドリアとアウェーで対戦する。

2つの都市が織りなす音楽物語

この対決は、ロンドンのウエストエンドに住んでいたヘンデルと、ザルツブルクで生まれたモーツァルトのクラシック音楽の対決でもある。1727年にジョージ2世の戴冠式のためにウェストミンスター寺院で演奏された「祭司ザドク」が、チャンピオンズリーグの試合前アンセムに使用されていることもあり、イギリスの首都が優位に立っていると言えるかもしれない。似たような話では、ヴォルフガング・アマデウスの曲「A Musical Joke」が、1970年代にBBCの「ホース・オブ・ザ・イヤー」のテーマとして使われたことがある。

女王を偲ぶ

UEFAが通常行っている試合前の派手な演出は、女王の追悼を表するため、今晩は行われない。その代わり、黙祷の時間が設けられ、チェルシーのペンショナーズが花輪を捧げる。また、両チームのサポーターグループも、スタンドから故エリザベス女王を偲ぶ予定だ。

チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節

火曜日
スポルティング・リスボン 2 トッテナム 0
ビクトリア・プルゼン 0 インテル・ミラノ 2
バイヤー・レヴァークーゼン 2 アトレティコ・マドリード 0
バイエルン・ミュンヘン 2 バルセロナ 0
ポルト 0 クラブ・ブルージュ 4
リヴァプール 2 アヤックス 1
マルセイユ 0 アイントラフト・フランクフルト 1

水曜日
ACミランvsディナモ・ザグレブ 17時45分(英国時間)
シャフタール・ドネツクvsセルティック 17時45分
チェルシー vs RBザルツブルク 20時
コペンハーゲンvsセビーリャ 20時
ユヴェントスvsベンフィカ 20時
マッカビ・ハイファvs PSG 20時
マンC vsボルシア・ドルトムント 20時
レンジャーズvsナポリ 20時
レアル・マドリードvs RBライプツィヒ 20時