プレミアリーグが声明を発表した。

今朝行われた会合にて、プレミアリーグの各クラブはエリザベス二世女王陛下への追悼の意を表しました。 

女王の並外れた人生と国家への貢献を称え、敬意を表すために、月曜日の夜の試合を含む今週末行われる予定だったプレミアリーグ全試合の延期が決定しました。

プレミアリーグのチーフ・エグゼクティブであるリチャード・マスターズ氏は、次のように述べています。「我々とすべてのクラブは、女王陛下の我が国への長く揺るぎない奉仕に敬意を表したいと思います。 」

「最も長く君主を務めた女王は、ひとびとにインスピレーションを与え、生涯を通じて献身的な姿勢で後に素晴らしい遺産を残されました。」 

「これは、国だけでなく、彼女を賞賛する世界中の何百万人もの人々にとって非常に悲しい出来事であり、我々はすべての人々と一緒に彼女の死を悼みます。」

喪中のプレミアリーグの試合に関する最新情報は、追ってお知らせします。