レンヌvsチェルシー – スタッツ

チェルシーvsレンヌ過去の戦績

チェルシーはヨーロッパ大会においてはじめてレンヌとアウェーで対戦する。過去唯一の対戦はブリッジで行われた今季CL第3節だけである。ブルーズはリーグ・アンのチーム相手にアウェーで9試合中2勝(5敗2分け)している(2004/05 CLグループステージ PSG 0-3チェルシー、昨季のCL グループステージ リール 1-2 チェルシー)

レンヌのヨーロッパ大会におけるホームでの最多得点差勝利

2001年7月15日 レンヌ 5-0 1.FCスロヴァーツコ インタートトカップ第1ラウンド

チェルシーのチャンピオンズリーグにおけるアウェーでの最多得点差勝利

1999年10月20日 ガラタサライ 0-5 チェルシー 第1グループステージ

2014年11月25日 シャルケ 0-5 チェルシー グループステージ

チェルシーのスタッツ

ブルーズは昨季バレンシアにホームで敗れてから、グループステージでは8試合負けがない(5勝3分け)。チェルシーは、2007年10月~2008年3月の間にペトル・チェフとカルロ・クディチーニが達成して以来初めて、CLで4試合連続クリーンシートを狙う。チェルシーは2005/06、2008/09、2009/10に続きCL開幕から3試合連続クリーンシートを達成。今回初めての初戦から4試合連続クリーンシートを狙う。レンヌからこの夏移籍したエドゥアール・メンディは、チェルシーで9試合中7回クリーンシートを達成、失点も2点だけである。さらに最近のセネガル代表での2試合でも失点を喫していない。

ティモ・ヴェルナーは、CL7試合で7ゴールに絡んでいる(4ゴール3アシスト)。このところの4得点はすべてPKからである(7点中では5点)。ホームでのレンヌ戦では、リース・ジェイムズのアシストからタミー・エイブラハムが決めたゴールが、2012年3月ナポリ戦でのフランク・ランパードからジョン・テリーのゴール以来のイングランド代表のコンビによる得点となった。

タミー・エイブラハムは2011年2月のニコラ・アネルカ以来のCL4試合連続得点を狙う。

CL第3節での3点差の勝利は、2010年11月にハリー・レドナップ監督率いるトッテナムがヴェルダー・ブレーメンを破った試合(3-0)に並び、イギリス人監督のチャンピオンズリーグでのホームにおける最多得点差勝利となった。

記録

スタメンに選ばれれば、オリヴィエ・ジルーにとって全大会で50試合目のスタメン出場となる。

レンヌのスタッツ

昨季リーグ・アンで3位となったレンヌは、この2020/21シーズンが初めてのCL参加となる。ヨーロッパ大会出場は3年連続。

レンヌはここ5試合のリーグ・カップ戦6試合無得点で5敗、現在3連敗中である。

レンヌはヨーロッパ大会で10試合中1勝しかしていない(7敗2分け)。

レンヌはヨーロッパ大会では、ホームで17試合中9勝2敗。

ヨーロッパ大会では、2019年3月EL対アーセナル(3-1)と2001年7月インタートトカップ対アストンヴィラ(2-1)と、イギリス勢相手にホームで2勝している。

レンヌはヨーロッパ大会でここ13試合中1回クリーンシートを達成、合計21失点している。

レンヌは金曜日ボルドーに0-1で敗れた。現在リーグ・アンで11試合を行い勝ち点18、PSGと6ポイント差の7位につけている。