ロメル・ルカクがチェルシーに戻ってきた。コブハムに戻ってきたルカクは、復帰後初めて独占インタビューに応え、選手として、また人間としてどのように成長したか、ディディエ・ドログバとの重要な関係、そしてトーマス・トゥヘル監督の起用法について語った。

ロメル、お帰りなさい!あなたが退団してから7年が経ちましたが、クラブの状況は大きく変わりましたか?

「建物は大きくなったけど、いつもこんな風にいい感じだったよ。戻ってこられてとても嬉しい。みんなと一緒にいられるのはいいことだし、懐かしい顔もたくさん見られる。チームと一緒に仕事をするのが楽しみだよ。ハキム・ツィエクに会ったから少し話をして、WhatsAppグループにも入ったけど、明日、他の選手たちに会うのが楽しみだよ。」

週末は隔離中でしたが、土曜日のクリスタルパレス戦はどうでしたか?

「多くのチャンスを作って3-0という圧倒的な得点差で終わったのは、良い勝ち方だったと思う。プレスをかけて高い位置でボールを奪うことができていた。特に問題もなかったし良かったと思う。できれば、このレベルのパフォーマンスを維持したい。プレミアリーグは非常に厳しいリーグだから、この調子を維持する必要があるけど、このチャレンジを楽しみにしているよ。」

18歳のときにアンデルレヒトからコブハムに来てから10年の月日が経ちました。当時と現在の選手としての主な違いは何ですか?

「前よりも成熟したと感じている。ストライカーに必要なすべての要素を身につけようとしてきた。常に細かい部分を改善し、自分の長所を伸ばしていきたいと思っている。チームの勝利に貢献し、監督やチームメイトのために力を発揮したい。どんな状況でも、監督やチームメイトが安心してプレーしていきたい。」

セリエAで優勝したばかりですが、あなたは以前とは異なる選手になりましたし、チームも若くなっています。

「自分はリーダーだけど、どちらかというとみんなが安心して自信を持ってプレーできるような選手で、それが自分の持ち味だ。インテルにいたときも、代表チームでキャプテンを務めたときも、周りのみんなが自信を持って自分の実力を発揮するように尽力してきた。試合中に困難な状況があれば、自分を頼ってほしい。常にチームメイトを励まし、決して彼らを見下したり、叱ったりしないだろう。ポジティブで、試合に勝つことに全力を尽くしたい。勝つことはいつも一番大事だからね。」

トーマス・トゥヘル監督とは、チーム内での役割についてなど話すことができましたか?

「もちろん。チームの中で存在感を示し、リーダーとして活躍してほしいということがよく伝わってきた。自分の能力をすべて発揮して、できるだけチームの役に立ちたい。自分の役割は、ゲームプランや監督の要求によって変わる。アンカーとして、あるいは背後のスペースを突くプレーもできる。イタリアでの2年間で、ストライカーとしてのあらゆる面をカバーできるようになったから、今は準備ができている。2トップでも1トップでもプレーできるし、ベルギー代表と同じシステムだから、適応するのに時間はかからないだろう。重要なポジションにいるチームメイトの強みを知り、オフ・ザ・ボール時に何をするべきかわかれば、あとは自分の役割に徹するだけだ。」

あなたは昨シーズン、インテルで30ゴールを挙げ、ネッラズーリは11年ぶりにスクデットを獲得しましたが、それ以前は8シーズンにわたってプレミアリーグでプレーしていました。両リーグの違いは何だと思いますか?

「イタリアは戦術的にも技術的にも優れたリーグだけど、ここイングランドでは強さがすべてだ。プレミアで8年間プレーしたから、それがどういうものかわかっているし、問題はない。リーグのことはよく知っているし、多くのゴールを決めてきた。過去は過去、今は前を向いていかなければならない。自分は進化したし、チェルシーは非常に強いチームだから、あとはピッチ上でそれを証明するだけだ。」

ここイングランドで、そしてチェルシーで、やり残したことがあると感じていますか?

「個人的な野望についてはあまり話さないけど、クラブの目標と自分の考えは一致している。それが戻ってきた理由だ。チェルシーは、勝ち続け、クラブとして成長し続け、イングランドとヨーロッパで圧倒的な強さを発揮したいと考えている。それは自分の望んでいたことであり、今ここで、チームが能力を発揮できるようにするのは自分たちにかかっているんだ。」

ブルーズのレジェンド、ディディエ・ドログバとの親交をSNSで拝見しました。ここ数週間、緊密に連絡を取り合っているのですか?

「彼との関係は非常に大事なものだ。月に1回とかではなく、数日に1回は話しているよ。グループチャットで常にコミュニケーションをとっているし、この2週間は何回か電話もしていた。たくさん質問をしたけど、彼はまだこのチームの多くの人を知っているから、詳細まで本当によく教えてくれた。あとは、選手や監督のことをより良く知って、チームのためにできるだけ早く対応できるようにしたい。」

さて、コブハムに戻ってきたわけですが、この先の数日間の予定は?

「準備はできているから、チームに入って、必要とされればプレーできるということを証明したい。みんながスタメンに入るために一週間を通して競争しなければならない。自分にとっては新たな挑戦になるけど、全員がチェルシーの勝利という一つの目的のために戦っているんだ!トレーニングでは、毎日100%の力を発揮し、各試合に向けて準備をしていきたい。最初の試合がアーセナルとのアウェーでのビッグマッチだから、しっかりと準備をして良い結果を出したい。」