今日の午後、プレミアリーグのウルブスとの対戦を前に、アントニオ・リュディガーが、自身の将来をめぐる周囲の憶測の中で集中力を保ち、タイトル争奪戦における12月の重要性について語った。

プレミアリーグの首位と4ポイント差でブラックカントリーに向かうブルーズは、直近15試合で8ポイントしか獲得できず、首位から3位へと転落した。

この間、ウェストハムに3-2で敗れたこともあり、リュディガーはこの失点がクリスマスという多忙なスケジュールの中でいかに大きな代償となりうるか、十分に理解している。

「今のところ、3つのチームが争っている」と語るリュディガー。

「もちろん、12月に優勝することはできないが、12月に負けることはある。だから、マンチェスター・シティとリヴァプールが現在どのようにプレーしているか、よく意識しなければならない。」

「彼らはとても安定しているし、彼らはポイントを落としているようには見えないが、プレミアリーグではわからないものだ。チェルシーにはプレッシャーがある。5、6点差になると、とても難しくなるからね。」

ピッチ上での素晴らしい1年を過ごしたリュディガーだが、夏にチェルシーとの契約が切れることから、頻繁に移籍の噂が出るようになっている。しかし、彼はサッカーに集中するため、雑音を遮断する術を身につけていると言う。

「雑談を無視するのは簡単だった。前監督が解任されたときも、ネガティブな噂やこんな感じの雑音がたくさん流れていた。」

「自分はただ、自分がやっていることをやり続けた。簡単に揺らぐことはないよ。」

この11カ月でデフォルトとなった3-4-3システムの3バックの左を得意とし、同胞トーマス・トゥヘルの下で確実に復活を遂げているリュディガー。

「僕らの関係は良好だと言えるね」と続ける。「毎日抱きしめてくれるわけでもないし、自分はそういうのを必要とするタイプじゃない。」

「彼は自分のプレーに信頼を寄せてくれているし、結果を出すのは当たり前のことなんだ。彼は新しいドアを開けてくれたし、大きな役割を担ってくれている。」

1月、トゥヘルにとってブルーズの監督に就任してから最初の対戦相手となったウルブスだったが、今回はイギリス国中でコロナ感染が急増し、サッカー界にも大きな影響を及ぼすようになってきたこの時期に、再度我々の前に立ちはだかることになった。今週末はプレミアリーグの4試合が予定されているが、トゥヘルのチームは4人の感染者が出ている。

サッカーを続けたいという思いが強い一方で、リュディガーは最前線で戦う人々に思いを馳せている。

「まず第一に、全員が自分の責任を自覚し、注意深く行動することを望む」と彼は付け加えた。「予防接種を受けるのは、みんなが自分で選択することであり、これがあるべき姿なんだ。」

「自分自身についてしか話すことができないけど、自分の役割も責任もわかっているから、とにかく気をつけて、みんなが安全でいてくれることを願っている。今、ノンストップの仕事に戻っているすべてのNHS職員(医療従事者)に、エールを送りたい。」