昨シーズン、男子のトップチームで3試合に出場した19歳の攻撃的MF、ティーノ・アンジョリンは、ロコモティブ・モスクワへ初めてのレンタル移籍をする。

PL2のタイトルを獲得したシーズンで主役を演じ、U-19世代までのイングランド代表として活躍したアカデミー出身のアンジョリンは、2019/20シーズン、カラバオカップのグリムズビー戦での大勝利でチェルシーのシニアデビューを果たした。その後、パンデミックによる中断前の最後の試合となったエヴァートン戦で、プレミアリーグ初出場も果たした。

活躍が認められ、夏に5年契約を結んだ。昨シーズンのチャンピオンズリーグでは、グループステージのクラスノダール戦で先発出場し、FAカップでは2試合に出場して決勝に進出した。トーマス・トゥヘル監督のチームのレギュラーとして活躍した。

アンジョリンは、先日のマインドシリーズのトッテナム戦に出場。その後、トゥヘル監督は彼について積極的に語り、いかにこの若者のプレシーズンが新型コロナウイルス感染症によって妨げられていたかを説明した。彼は今後、昨シーズンリーグ3位になったクラブで、成長を続けていくことになる。

今月のヨーロッパリーグの抽選で、ロコモティブ・モスクワはマルセイユ、ラツィオ、ガラタサライと同じグループに入っている。