サウール・ニゲスが、チェルシーでの1年間のレンタル期間を終え、アトレティコ・マドリードに戻ることになった。

サウールは、チェルシーで23試合に出場し、そのうち12試合はスタメン出場だった。クラブワールドカップのパルメイラス戦では、延長戦の最後の45分間をプレーし、相手に押されていた状態を安定させ、FAカップのルートン・タウン戦では、チェルシーで唯一のゴールを決めた(エリア端からの見事なフィニッシュだった)。

過密スケジュールの中、サウールは中盤の中央と左ウイングバックの間を行き来し、その多才ぶりを示した。シーズン序盤はイングランドサッカーのスピードとパワーに苦しんだが、その後主にカラバオカップを中心に新天地でのプレーに慣れていった。

トゥヘル監督は、サウールのヨーロッパでの経験も重視し、チャンピオンズリーグでの出場時間が大半を占めるようになった。ホームでのリール戦、アウェーでのレアル・マドリード戦では、重要な局面でベンチから出場した。サウールの最後の試合は、今シーズン最後のワトフォード戦だった。

ソーシャルメディアに自身の去就について書き込んだソウルは、「こんにちは、ブルーズの皆さん。今君たちに向けて別れのメッセージを書いている。この冒険の間に自分がどう感じていたかを伝えたい。最初はまったくうまくいかなかった。長い間自国でプレーした後、すべてを変えるのは簡単なことではなかった。」

「どんな時も応援してくれたファンの皆さんに感謝したい、いつまでも。青いユニフォームを着てタイトルを獲ることを可能にしてくれたスタッフのみんなに感謝する。でも、何よりもチームメイトに感謝したい。彼らは、自分が自分らしくあるために尽力してくれた。彼らのおかげで、チームを支え続けることができ、穏やかで前向きな毎日を送ることができた。ありがとう!」

チェルシーは、シーズン中のサウールの努力に感謝するとともに、彼の今後の活躍を願っています。