シェフィールド・ユナイテッドvsチェルシー - 直接対決

昨季ブラモール・レーンでシェフィールド・ユナイテッドにシーズンワーストとなる3-0で大敗したブルーズ。これはブレイズにとってそのシーズンの最多得点勝利でもあった。

チェルシーは過去のリーグ戦対シェフィールド・ユナイテッド6試合で1敗している(4勝1分け)。

ブラモール・レーンでブルーズが最後に勝ったのは2006年10月のことで、フランク・ランパードとミヒャエル・バラックのゴールにより2-0で勝利した。

ブルーズは11月にホームでシェフィールドU相手に4-1で勝利している。これがブレイズ戦で2007年3月以来の勝利となった。

各チームの最多得点差勝利:

チェルシー 6-1 シェフィールドU 1961/62

シェフィールドU 4-0 チェルシー 1930/31

チェルシーのブラモール・レーンでの最多得点差勝利はこのスタジアムで初対戦となった1907/08の3-0。

チェルシーのスタッツ

記録

シェフィールドUのスタッツ

シェフィールド・ユナイテッドはリーグ・カップ戦合わせてここ7試合で5勝しており、トッテナムとマンCに敗れている。

上はチェルシーに3-0で勝利してから21試合勝利がなかった(19敗2分け)後の記録。

ブレイズは2021年9ポイントを獲得しており、これはトッテナムやリヴァプール(7pt)よりも多い数字。ビリー・シャープはリーグ・カップ戦合わせてホーム戦ここ5試合で4ゴールを決めている。

シェフィールド・ユナイテッドは2月にホームでリーグ戦を落としたことがない(7試合5勝2分け)。

ブレイズのファウル数(277)と警告数(43)でリーグトップとなっている。

今季リーグ戦で8試合を0-1で落としており、22試合を消化した時点で1985/86のイプスウィッチと同じ記録となっている。

ブレイズは日曜に行われたリーグ戦11試合で勝ちがない(3分け8敗)。

開幕から24ポイント中1ポイントしか獲得できなかったが、ここ3試合で6ポイントとっている。

週半ばに行われたリーグ戦10試合のうち7試合はアウェーチームの勝利となった。今季行われたリーグ戦215試合のうち、ホームチームの勝利は79、アウェーチームの勝利は88となっている。リーグ史上シーズン終了時にアウェーチームの勝利数が上回ったことはない。