チェルシー・ウィメンとドイツ代表GKのアン=カトリン・ベルガーが、以下の声明を発表した...

「4年間がんと無縁の生活を送っていていましたが、残念なことに、今回甲状腺に再発が見つかったので、ファンの皆さんに直接お知らせします。」

「スポーツ選手として、最高の自分になるために毎日戦わなければならないと以前にも言いましたが、それはこれからも続けていきますし、私の経験を共有することで、同じような状況にある人たちの助けになれればと思っています。」

「私は、クラブの主治医やロンドンの専門医と緊密に連携し、今週から治療を開始する予定です。前回と同じように治療がうまくいくことを信じて、ピッチに戻り、キングスメドウとスタンフォード・ブリッジで皆さんにお会いできることを楽しみにしています。」

チェルシーのスタッフ全員は、この困難に立ち向かう彼女を支えていきます。クラブは、彼女が一日も早く回復できるよう、できる限りのサポートを提供するつもりです。

一日も早く彼女がブルーズのゴールに戻ってくることを待ち望んでいます。