チェルシーフットボールクラブは、オーナーのロマン・アブラモヴィッチが英国政府から制裁を受けたことを報告されました。

アブラモヴィッチは、チェルシーFC plcおよび関連会社の株式を100%保有しているため、通常の場合、チェルシーFCはアブラモヴィッチと同じ制裁措置の対象となります。しかし、英国政府はチェルシーFCが一定の活動を継続することを許可する包括許可を発行しています。

チェルシーFCは、本日、男子チームのノリッチ戦、女子チームのウェストハム戦をそれぞれ行い、許可の範囲について英国政府と協議を行うつもりです。これには、クラブが可能な限り通常通り運営できるよう、許可の修正を請願することも含まれます。また、これらの措置がチェルシー財団とその地域社会における重要な活動に与える影響について、英国政府から指示を受ける予定です。

クラブは、適切な時期にさらなる情報を提供する予定です。