チェルシーフットボールクラブは、オンラインで反ユダヤ主義的なメッセージを投稿した個人に対して制裁を科しました。

2月に行われた裁判の結果を受けて、クラブはこの問題について独自の調査を行い、この人物を10年間チェルシーFCから追放するという決定を下しました。

チェルシーのスタッフ一同は、多様性のあるクラブの一員であることを誇りに思っています。私たちの選手、スタッフ、サポーター、そしてクラブを訪れる人々は、ユダヤ人コミュニティを含む様々な背景を持っています。私たちは、すべての人に安全で、クラブの一員として大事な存在であると感じてもらうことを目指しています。私たちは、この目的を脅かすようなサポーターの行動を一切容認しません。

チェルシーFCは、サッカー界、そしてより広い意味での社会において、人種差別、反ユダヤ主義、同性愛者に対する差別、性差別、その他のあらゆる差別がサッカー界や社会に存在してはならないと考えています。スポーツ、そしてより広い社会において、憎悪と差別に満ちた行為が街中と同様にオンライン上でも容認されないソーシャルメディア環境を作らなければなりません。

クラブとしては、これらの価値観に反するソーシャルメディア上の投稿を行った個人やグループに対して引き続き対処していきます。

チェルシーの「No To Hate」キャンペーンについてはこちらをご覧ください。