今日のリーズ・ユナイテッド戦に向けて、ラヒーム・スターリングが今夏のマンチェスターからロンドンへの移籍に至った経緯について話した。

イングランド代表のラヒーム・スターリングは、7年間プレーしたシティでの出場時間が減少したため、、この移籍は必要だったと考えている。

「選手としては常にベストを尽くし、チームを助けたいと思うものだが、物事が公平に進んでいないと思うと、常に失望するものだ」と述べるスターリング。

「自分のサッカーに満足していないのなら、その幸せを取り戻すために他の選択肢を考えなければならないし、それこそが自分がやってきたことだ。」

「自分自身について、何がベストなのか、将来何を望むのか、考えなければならない時が来るんだ。それが、今チェルシーにいる唯一の理由だ。」

スターリングは、ブルーズを次のクラブとして選んだ理由について、チームの強い意志と有言実行の姿勢が決定的な要因であったことを明かした。

「彼らの意図、どうアプローチしてきたかが重要だった。クラブにとって自分がどれだけ重要な役割を果たせるかを示してくれた。」

「ここ数年、ここで達成したことを振り返ると、優勝を逃したこと、新しいオーナーが就任したこと、常にあらゆる面で競争力のあるチームであり、これから良くなっていくだろうと思った。他の選択をする必要はなかったんだ。」

「逃したくないチャンスだった。これは不幸中の幸いで、別の挑戦であり、キャリアの終わりに振り返って、自分がステップアップして、自分自身に満足できたと思える挑戦になるだろう。」