ラヒーム・スターリングは、チェルシーにとって重要なチャンピオンズリーグでの勝ち点3を獲得するように見えたが、昨夜の結果を受け、チームに失望が残っていると認めた

今シーズン、トーマス・トゥヘル監督のもとで主に偽9番としてプレーしていたイングランド代表は、グレアム・ポッター監督の初陣で左サイドで非常にワイドなプレーを披露した。

スターリングは左ワイドのポジションから、メイソン・マウントのクロスに反応する十分な時間とスペースを見つけ、この試合の均衡を破った。

「新監督の指示で、少し違った役割でプレーしたが、アウトサイドでのプレーを楽しむことができた。時間が経てば、もっと良くなるだろう」とスターリングは試合後に語った。

「前線でプレーするのもいいけれど、彼は僕をワイドに広げて、フルバックのところへ行き、ボックスに入ってチャンスを作ることを望んでいたんだ。彼(ポッター監督)の下で時間を過ごせば過ごすほど、僕らにとっては良くなるだろうね」と付け加えた。

27歳は、チャンピオンズリーグ開幕2試合で勝ち点1を失ったことが、ブルーズにとって悪い結果であったことを認めている。

「確かに悔しい結果だった。自分たちのプレー、作ったチャンス、そして1つのチャンスで相手にゴールを奪われてしまった。最終的には悪い結果になってしまったが、いいサッカーをした時もあったと思う。」

「ゲームを支配していたので、勝つべき試合だったと思う。振り返ればいい場面もあったが、最後までやり遂げなければならない試合だった。ただ、試合を見切ることが必要だった。」

「我慢強く、何度かチャンスを得た試合でした。でも、最後までやり遂げなければならない。FCザルツブルクの)ワンチャンス、そして1ゴール、自分たちが主導権を握っていると感じた。新監督の下で、ただひたすら前進し続けることができるものだ」。

また、スターリングは、新しいアイデアやシステムによって、選手たちがどのように監督交代に適応してきたか、その見識を示した。

「彼はまだ日が浅いけど、メッセージを伝えているし、選手たちもそれをうまく受け止めている。」