メスタージャ・スタジアムでの試合を前にタミー・エイブラハムが大一番についてコメントし、ノックアウトステージ進出のためにも全てをかけると話した。

スタンフォードブリッジで行われた第1節ではヴァレンシアに敗れたチェルシー 。それでもその後はフランス、アムステルダムで連勝を記録し勝ち点7でアヤックス、ヴァレンシアと並んでいる。このため明日の試合に勝利すると直接対決で優位に立つためノックアウトステージ進出が決まる。

チャンピオンズリーグを制覇した2011年にも訪れたスタジアムで行われた試合前記者会見では、エイブラハムがグループステージでも重要な一戦となるがそれでも準備の段階で変える点はないと話した。

「ここでの試合は簡単ではないということはみんな分かっている」と話したエイブラハム。「彼らのファンはヴァレンシアをずっとサポートしている。だからチーム全体で戦う必要があるんだ」

「今シーズンここまでで一番と言っていいほどのビッグゲームだ。それでもトレーニングを変えてはいないし、選手たちも誰も違ったことをしている選手もいない。トレーニングを楽しめたし、集中していたよ」

「シティ相手に負けてチームのみんなががっかりしていたけれど顔を上げないといけない。この試合も大切な試合だからね。明日になったらみんなゲームに入るモードになるし、勝利するために全力を尽くすよ。選手はみんな準備万端だ」

エイブラハムはアカデミー卒業生のメイソン・マウント、フィカヨ・トモリとともに9月にヨーロッパデビューを飾っている。若いが故にマウント、トモリとともに経験が浅いエイブラハム。それでも彼は試合に集中するとコメント。

「ヴァレンシア戦の前にメイソンとフィカヨと一緒にウォーミングアップをしていた時、現実だとは思ってなかったんだ」とエイブラハムは話すと、「ともにチャンピオンズリーグに出場すると音楽を聴いて実感したね。前にもお互いにチャンピオンズリーグに出場できると話していたんだ。夢が叶ったね」

「小さな差が大きな代償を生むと分かった。それでもその試合で学ぶことができたんだ。明日の試合は本当に大切。試合に集中してピッチ上で躍動するよ」

「全力を尽くすよ。一度ピッチに立てば、音楽を聴けば集中しなければいけない。子どもの頃の夢を叶えて試合に集中だ」

「チームの選手の多くにとって夢が叶う瞬間だ。だからこの夢を終わらせたくない。ベストを尽くすよ」

弱冠22歳で成長を続けるエイブラハム。またビッグゲームで得点を決めることに関して質問を受けた際にランパードが記者会見でコメントを残した。

「ビッグゲームをどう分類するかによるよ」と話したランパード。「リールとのアウェイでの試合は自分たちにとってビッグゲームだった。プレミアリーグは全てビッグゲームだ」

「タミーは多くのゴールを決めている。現在得点ランキングでも2位につけているしヨーロッパの舞台でも得点を奪っている。代表戦でも最近決めたね。これに関して心配はないよ」

エイブラハムは成長のためにYouTubeでストライカーの動画を見ているという。

「成長しなければいけないんだ」と加えたエイブラハム。「YouTubeを見て世界でもベストのストライカーを参考にしているよ。技を盗んで自分の試合で使うんだ。ハリー・ケインやセルヒオ・アグエロ、ロベルト・フィルミーノ、ロベルト・レヴァンドフスキなんかをよく見るね」

「常に勝ちたいと思って成長してきた。トレーニングでもゲームでの陽気にしている。ゴールを奪えたら自分にとっても本当に大きいね」

「良いチームを相手にプレーするときはチャンスが少ない。準備しないといけないんだ。チャンスが来たら確実に仕留めないといけないね」

「プレミアリーグやチャンピオンズリーグの全てのチームは素晴らしいチームが多いから、ゴールを決めたらW杯の決勝で決めたかのように喜ぶよ!」