アカデミーの若手にスポットライトを当てた本コーナー、今回は2010年のFIFAワールドカップやフランク・ランパードに思い入れのあるミッドフィルダー、ルイス・ベイトがゲストだ。

初めてフットボールをプレーしたのは?

一番古い記憶で、5歳の時だね。兄のチームで一緒に走っていたと思う。上の年代と一緒に練習して、最初の試合ではハットトリックも決めたんだよ!

チェルシーより前はどこでプレーしていたの?

地元シドカップのクラブで、フッツクレイ・ライオンズってチームだね。今もあるけど、誰の連絡先も知らないや。その他のチームではプレーしてないよ。

幼い時のアイドルは?

2人いるよ。フランク・ランパードと、スティーヴン・ジェラードだ。当時はクラブを代表するベストプレイヤーだったし、イングランド代表では一緒にプレーしていた。ジェラードはリヴァプールの主将で看板選手だったし、ランパードは得点力がズバ抜けたミッドフィルダーだった。どちらも完璧な選手だったね。

そんなフランク・ランパードは現在チェルシーの監督だけど?

ニュースを聞いたときは最高に嬉しかったね。ジョディ・モリスもアシスタントにいるのも最高だった。クラブ全体にいい雰囲気が伝わるし、チェルシーをさらに高いレベルへ上げてくれると思う。

フットボール以外にしていたスポーツは?

いや、フットボール一筋だよ。中学生の時にクリケットもやってみたけど、あくまでも遊びだったからね。でもゴルフにはハマりそうだね。レッスンも予約してるんだ。

フットボールを見た一番古い思い出は?

2010年のワールドカップかな。ジャーメイン・デフォーがスロベニア相手にゴールしてベスト16に進んだやつだ。地元のみんながイングランドの旗を振って外に飛び出していたよ。その後ドイツに負けちゃったけど、あれが一番古い記憶かもね。

フットボールにまつわる思い出で、一番大きいのは?

昨シーズン、マンチェスター・シティでのプレミアリーグトーナメントかな。優勝はできなかったんだけど、大会MVPに選ばれたんだ。決勝はPK戦で負けちゃったんだ。大会MVPは受賞できたけど、やっぱり負けたことばかり考えてしまった。いま思い返せばいい経験だったけどね。