エヴァートン戦をデータで振り返ろう…

エヴァートンは13本のシュートを放ち、そのうち7本が枠を捉えた。

チェルシーは15本のシュートを放ち、枠内シュートは4本。後半のシュート数は11本だった。

マテオ・コヴァチッチのゴールからエヴァートンが3点目を決めるまで、チェルシーは7本のシュートを放ったものの、枠を捉えたのは1本だった。

ドミニク・カルヴァート=ルウィンは試合最多となる6本のシュートを放ち、2ゴールを記録。メイソン・マウントは3本のシュートを放っている。

チェルシーのボール支配率は70%を記録した。

チェルシーは594本中505本のパスを成功。成功率は85%だ。パス成功率ではクル・ズマとアンドレアス・クリステンセンが最高となる93%を記録した。

エンゴロ・カンテはエヴァートンとジブリル・シジベと並び最多となる3本のキーパスを記録。セサル・アスピリクエタとコヴァチッチが2本ずつを記録した。

コヴァチッチとウィリアンは試合最多となる6回のドリブル突破を記録。クリスティアン・プリシッチが4回で続いた。

空中戦では両チームともに26勝ずつを記録した。カルヴァート=ルウィンが11勝で最多だ。アンドレアス・クリステンセンとマイケル・キーンが9勝ずつで続いている。

エヴァートンは60回のタックルを試み、37回を成功。これは2016/17シーズン以降、プレミアリーグで最多の数字だ。両サイドバックのシジベとルーカス・ディンが7度ずつの成功を記録している。

チェルシーではコヴァチッチとカンテが3回のタックルを成功した。

チェルシーのボールロスト数は24回。エヴァートンは9回だった。

ズマは8回のクリアを記録。これを超えたのは9回のキーンだけだ。

アスピリクエタは試合2位となる3回のインターセプトを記録。シジベは4回を記録している。