勝利を飾った昨晩のFAカップ、バーンズリー戦のデータは、タミー・エイブラハムの影響力を示すとともに、相手がチェルシーを苦しめた試合展開を浮き彫りにしている...

タミーのショータイム

チームはオークウェルでのタミー・エイブラハムの攻守に渡る活躍に助けられた。

昨夜唯一の枠内シュートで決勝点を決め、攻撃面での貢献だけでなく、守備面でも6回の空中戦に参加し、4回のクリアを記録した。

3回のドリブル成功は、5回成功させたカラム・ハドソン=オドイに次ぐものだった。

エイブラハムは今シーズンも90分あたりのゴール・アシスト率が1.125と優れた成績を残している。上の表が示すように、平均で80分に1点ゴールを決めている。

優位な時間でのゴール

南ヨークシャーでのタフな戦いで、ブルーズはほとんどゲームをコントロールできなかった。しかし、ハーフタイム後、4バックに変更した後、エイブラハムが均衡を破るまでの時間、我々は優位に立っていた。

その20分間、76%のボールポゼッションを保ち、89%のパス成功率を記録した。この数字はいずれもゲームの平均値(それぞれ72%と84%)を大きく上回っていた。

その時間帯タイクスと同数の3本シュートを狙ったが、枠に飛んだのはエイブラハムの1本のみだった。

バーンズリーとの比較

オークウェルで14本のシュートを許し、これは先月のマン・シティ戦の18本以来の多さ、そのうち6本はセットプレーからのものだった。

バーンズリーはチェルシーの2倍のタックル数(34対17)を記録し、両チーム共にその3分の2成功した(成功率68%)。

バーンズリーのセンターバック、ミハエル・ヘリックは9回タックルに成功し、インターセプトもゲームトップの5回を記録した。

チェルシーのタックル成功回数はエンゴロ・カンテが4回。アンドレアス・クリステンセンとリース・ジェイムズがそれぞれ3回を記録した。

25回もボールを奪われ、33回のクリアを余儀なくされていることから、我々の苦戦はさらに浮き彫りになる。

クルト・ズマが7回のクリアを成功させ、6回の空中戦で勝利を収め、守備をリードした。

全体では、42回の空中戦のうち、45%(19回)に勝ち、バーンズリーのコーナーを7回防いだ。