チェルシーはレスター・シティを相手に1-1で引き分け、勝ち点1を獲得することになったが、この試合のデータを見る限り、終始支配したブルーズにとって引き分けは物足りない結果となったようだ。

マディソンのエリア外からのゴールにより先制されたブルーズだったが、マルコス・アロンソがボレーシュートで同点に追いき、その後もほとんどの時間帯で試合を支配した。

しかし、後半は特にチャンスを生かせず、ゴールキーパー、カスパー・シュマイケルに阻まれ、勝利に必要な2点目を決めることはできなかった。

一方的な展開

この試合、ゴール期待値(xG)が示したのは、チェルシーが2-0で勝利するのがより適切な結果であったことであり、一方のレスターの数値がわずか0.1に留まるなど、いくつかの非常に興味深いデータが見られた。

実際、あらゆる統計から見ても、ブリッジでのブルーズの優勢は明らかで、67パーセントのポゼッションは、今季の最高記録には程遠いが、データ以上に表れていた。

試合の41パーセントはレスターのファイナルサードで行われ、逆にチェルシーのディフェンスエリアでは14パーセントしかなかった。トーマス・トゥヘル監督はセンターバックを中心とした後方からの攻撃を好んだが、彼らでさえもピッチの上でボールを持つ時間が長かった。

レスターの370本に対して、チェルシーは750本のパスを出したが、そのうちの154本が自陣のディフェンシブサード内でのパスだったことは、非常に重要なことだ。珍しいことに、この試合ではフォックスにコーナーが1つもなかった。

2点目につなげることはできなかったものの、チェルシーはなんとか相手の隙を突こうとしていた。前後半合計20本シュートを放ったが、5本は枠外、8本はレスターの選手にブロックされ、シュマイケルのゴールまでたどり着いた残りの7本のうち、6本はキーパーにセーブされた。

一方、レスターは90分間にわずか2本のシュートを放ったが、いずれもペナルティエリアの外からで、そのうちの1本がゴールとなり、1-1の引き分けに終わった。

スペースを求めて

しかし、レスターは深い位置で守り、ボックス内のスペースを閉じ、ブルーズを苛立たせ、明確なチャンスを作らせなかった。

チェルシーは右サイドから主にリース・ジェイムズとハキム・ツィエクが攻撃を展開し、比較的経験の浅いウイングバックのジョージ・トーマスと普段は中盤でプレーするがこの試合レフトバックとして起用されたダニエル・アマーティと対峙していた。

このブルースのコンビは、たとえゴールにはつながらなかったとしても、確かに相手に多くの問題を引き起こした。ジェイムズ(6回)とツィエク(5回)は、クリスチャン・プリシッチ(同じく5回)と並んで、最も多くのドリブルを試み、多くの成功を収めた。実際、ジェイムズは6回すべてで相手を抜き去り、これはレスター全体の合計回数よりも多い記録となった。

一方、トーマスは誰よりも多くのタックルを試みたが(9回)、そのうちボールを奪えたのは2回だけだった。交代出場したセサル・アスピリクエタでさえ、18分間右サイドで3回のドリブルを試みたが、彼はディフェンダーを抜き去るプレーを得意とするような選手ではない。

ジェイムズとツィエクは右サイドでレスターのディフェンスを攻略するためにスペースを見つけようとよく動き回っていた。ツィエクは中央や左サイドにも動きボールを受け、ジェイムズは選手交代後に中盤でプレーした。

レスターが密集しているためエリア内に入り込むことが難しく、ロメル・ルカクというターゲットがいたため、危険なエリアへボールを運ぶ方法としてクロスも多用した。

主にアロンソ(7本)とツィエク(12本)を中心に、レスターの4本に対して26本のクロスを供給した。モロッコ人はシュート数で試合トップの7本を記録、2位のジェイムズの4本を大きく上回った。

フォックスが引いて守ったため、ジョルジーニョは中盤からピッチの高い位置でプレーすることができ、いつものように深い位置からプレイメークするのではなく、ラストパスを狙った。その結果、16本のキーパスのうち4本を出し、ジェイムズの3本に1本差をつけている。ジェイムズはレスターのエリア外、中央部からアシストを送った。