最高のパフォーマンスでサウサンプトンを6-0で破り、前線3人の並び方を変えたことが勝利の鍵だったとコメントしたトーマス・トゥヘルの主張を、統計が裏付けている。

8分にマルコス・アロンソがゴールを決め、その後もマウントとヴェルナーが追加点を決め、カイ・ハフェルツもゴールを決めるなど、チェルシーが序盤から攻勢をかけ、ホームチームにはチェルシーに対抗する術はないように見えた。

これは選手たちのピッチ上での見事なパフォーマンスだけではなく、トゥヘルによる微妙な戦術の変更も、この大勝利に大きく貢献し、連敗から見事に立ち直った。

前線の二人が常に相手の脅威に

「4-4-2とハイプレッシングを想定し、2人のストライカーでディフェンスを固定し、ライン間の少し空いたところでメイソンにスペースを与えたかった。」と、試合終了後のトゥヘルは試合を振り返った。

「攻撃的な4-4-2を予想し、2人のMFに対して3人のMFで優位に立ち、カイとティモの理想的なポジションを確保したいと考えた。」

トゥヘル率いるチェルシーの特徴である3-4-2-1や、最近何度か採用されている4-1-4-1ではなく、3-4-1-2の形にシフトしたことが大きな影響を与えたことは、ピッチ上の選手の平均位置を見ればその変化は明らかだった。

ハフェルツとヴェルナーがピッチの高い位置でプレーし、センターバックを抑えた、マウントにはスペースと時間に自由が与えられ、より伝統的な10番の役割で走り回り、サウサンプトンを苦しめるポケットのようなスペースを見つけたのである。

ヴェルナー、ハフェルツ、マウントの攻撃的トリオの効果は明らかで、彼らが6得点中5得点を挙げ、サウサンプトンのディフェンスに常に脅威を与え、セインツの4本に対して24本という素晴らしいシュート数も記録した。

特にヴェルナーは、そのペースを活かしてセンターバックを翻弄し、高い位置にあるディフェンスラインを懲らしめるなど、試合を楽しんでいる様子だった。2ゴールに加え、8本のシュート(4本の枠内)を記録し、この数字はサウサンプトン全チームの合計の2倍以上だった。

枠を外れた4本のシュートのうち3本がクロスバーに当たったものだったことを考慮すると、この数字はいっそう印象的だ。そのうちの1本はハフェルツのゴールに直接つながった。また、ヴェルナーの8本のシュートは、ピッチ上のどの選手よりも多く、マウントとアロンソがそれぞれ3本で2位に並んでいる。

コントロールされた攻撃

ボールを持ったときにサウサンプトンの中盤とディフェンスの間のスペースを突くだけでなく、ボールを持たなくなったときにもマウントは重要な役割を果たした。そして、マテオ・コヴァチッチ、エンゴロ・カンテとともに中盤を3枚にするために下がり、そのエリアで数的優位を得るとともに、トリオの中で最も前に出て、自分たちのプレスを先導し扇動したのも彼であった。

ボールを素早く何度も奪い返したことも、トゥヘルが重要視した点だ。その証拠に、71パーセントのポゼッションを得たにもかかわらず、タックル回数は32回対26回と、相手チームより多かった。

しかし、同様に重要なのは、32回試みたタックルのうち29回に成功したことである。コヴァチッチ(7回)、カンテ(5回)、マウント(4回)の3人のMFが100%の確率でタックルを決め、中盤を完全に支配していた。

サイドからのサポート

もちろん、ピッチの中央を支配することは、相手が中盤を迂回してサイドから攻撃したり、ストライカーに直接長いパスを出したりするのを防いでこそ有効な戦略であり、そのどちらも4-4-2のフォーメーションでは特に危険である。

しかし、サウサンプトンがワイドに展開する脅威はほとんどなく、ウイングバックはいつもとは少し違った役割を担っていた。左サイドのアロンソは、前線3人が提供する追加的な幅のないワイドなポジションを強いられたが、それでも先制点を決めるために、恒例のバックポストへのオーバーラップをすることに成功した。

しかし、それよりも、タッチラインにへばりつき、危険なボールをボックス内に送り込む姿の方がよく見られた。また、8本のクロスのうち4本を供給している。

一方、ルベン・ロフタス=チークは、セサル・アスピリクエタが新型コロナ検査で陽性となり、リース・ジェイムズが怪我から復帰したばかりのため、ウイングバックとして起用された。しかし、このMFはこのポジションを得意とし、ほとんどワイドなプレーメーカーとして機能した。

ロフタス・チークの活躍は、他の選手の2倍にあたる6回受けたファウルと、チーム2位となる5回の空中戦を制し(アンドレアス・クリステンセンが6回)、セインツのウィンガーが追いかけるチャンネルへのハイボールという試みを封じたことが物語っている。