チェルシーはプレミアリーグにおけるマンチェスター・シティの連勝を止めることはできなかったが、データを見るとブルーズの戦術がいかに成功に近づいていたかがわかり、見た目よりもずっと接戦だったことが明らかになった。

しかし、マン・シティのプレミアリーグ12連勝を阻むには十分ではなかった。今季エティハドで勝ち点を獲得したクラブは2チームしかいないが、10月以来、初となるこの地での勝ち点獲得にブルーズが最も近づいたのも事実だ。

この数週間の肉体的疲労に精神的疲労が加わり、90分間にわたり相手の攻撃を凌がなくてはならなかったが、最終的には試合の大半でシティのプレッシャーに耐えた。ケヴィン・デ・ブラウネのエリア外からのカーブを描くシュートが、この試合唯一のゴールとなった。

トーマス・トゥヘル監督は試合後、シティの攻撃を封じることができたのだから勝ち点1取れてもおかしくなかったと語ったが、この3ヶ月間誰も成し遂げられなかったエティハド・スタジアムでの勝ち点獲得にあと一歩のところまで迫ったということは、数々のデータも監督の見解を裏付けるものとなっている。

よりフレッシュだったシティ

リーグ首位と対戦するのに良いタイミングというのはないものだが、この試合が理想的なタイミングでなかったことは確かだ。マンチェスター・シティは1週間以上ぶりの試合で、チェルシーはカラバオカップ準決勝でトッテナム・ホットスパーに勝った後、同じ8日間で3度目のピッチに立つことになった。

シティは必然的に十分に溜まったエネルギーとホームの利点を生かし、長い時間ポゼッションを支配することになった。シティのポゼッション56パーセントという数字は、表層的にはそれほど一方的には見えないが、実際にはブルーズは彼らの攻撃を抑えることで懸命だった。

この事実を踏まえ、トーマス・トゥヘル監督は、昨夏の欧州選手権でイングランドが成功したのと同様に、前後半の序盤に相手がリズムを掴む前に急襲するという戦術を採用し、体力の消耗を抑えようと試みた。

この作戦が功を奏し、特に後半は4本中3本のシュートが開始5分間に放たれ、その中には最もゴールに近づいたシュートも含まれていた。後半開始直後のロメル・ルカクのシュートをエデルソンが素晴らしいセーブではじき出さなければ、1-0でチェルシーがリードし、その後の45分間はまったく違ったものになっていただろう。対照的に、相手は両ハーフとも開始10分間は一度もゴールを狙えなかった。

相手のチャンスを封殺

マンチェスター・シティの作戦は明快で、素早い3人のアタッカーを使ってチェルシーの守備ラインを崩し、ペナルティーエリア内にスペースを作ろうとするものであった。フィル・フォーデンは自由にプレーし、センターバックを誘惑して深いポジションに追い込み、ジャック・グリーリッシュとラヒーム・スターリングが攻撃できるスペースを作ろうとした。

ありがたいことに、経験豊富なチアゴ・シウバはそのような罠にはまることなく、守備陣を崩さないように周囲をまとめながら、フォーデンが引いた場合は中盤の選手にマークを任せた。結果としてエンゴロ・カンテがいつもよりディフェンスラインに近いところでプレーして、フォーデンが攻略できるスペースを塞いだ。

そのため、シティのウイングはワイドなポジションからセンターバックとウイングバックの間のスペースを狙うようになり、左サイドの37パーセント、右サイドの44パーセントに対して、ピッチ中央からの攻撃はわずか19パーセントに留まった。

相手のチャンスを摘み取るには、チーム全体の連携が必要となった。セサル・アスピリクエタとマルコス・アロンソが第一線で守りを固め、アントニオ・リュディガーとマラング・サールが背後をカバーし、ウイングバッグがスピードに乗って攻撃参加したり、カウンターで彼らの裏のスペースを突かれようとしたらすぐに駆けつけられるように準備していたのである。

カンテとマテオ・コヴァチッチはここでも重要な役割を果たし、特にクロアチア人はスターリングを左サイドに封じ込めた。コヴァチッチはその巧みなポジショニングにより中央へのスペースをブロックしたため、シティはサイドに張ったスターリングの足元へパスを送らざるを得なかった。これにより、ブルーズは相手のスピードのある選手へのスルーパスを封じたのだ。

カンテとコヴァチッチの中盤の2人が、ディフェンスがスペースを塞ぐのに重要な役割を果たしたことは、この試合でフランス人選手がアスピリクエタと並んで5回と最も多くタックルし、コヴァチッチの記録が4回だったことからも明らかである。

スペースへのボール

試合の37パーセントが自陣で行われ、相手よりポゼッションが少ないという異常な状況に陥り、執拗なハイプレスに直面したブルーズは、週明けのトッテナム戦で見られたような、より直接的なアプローチを試みた。

しかし、ノースロンドンではルカクが中央でボールを保持することに重点が置かれていたのに対し、シティの高いディフェンスラインはベルギー人選手を自陣に閉じ込め、オンサイドに留まらせるという少し異なる戦術をとってきた。その代わり、チェルシーは相手の攻撃的なフルバックの背後のスペースを突くことを考えた。

スピードのあるカイル・ウォーカーの裏を突くのは難しいため、クリスチャン・プリシッチが右サイドの攻撃的なジョアン・カンセロの裏の空いたスペースにチアゴ・シウバらがロングボールをフィードし、ウイングバックのアスピリクエタが彼をサポートした。チェルシーの攻撃の43パーセントが右サイドからだったのも、これが理由だろう。キーパスは、プリシッチとアスピリクエタ、そしてコヴァチッチがそれぞれ1本を記録した。