日曜日のエヴァートンでの敗北をデータから分析することで主な論点を検証し、チェルシーがここ最近同じ布陣で臨む対戦相手に苦戦している理由を探ってみよう。

1月中旬以来、アウェーで14試合負けなしだったブルーズだったが、マージーサイドでは失速し、後半早々にリチャーリソンが決めたゴールがこの試合唯一の得点となり敗れた。

メイソン・マウントがハーフボレーでゴールを狙ったが両ポストに跳ね返され、ジョーダン・ピックフォードがセサル・アスピリクエタのシュートを防いだ。

さらにピックフォードは、アントニオ・リュディガーとマテオ・コヴァチッチのシュートも阻み、トフィーズの勝ち点3獲得に貢献した。ゼロ得点での敗戦はマンC戦以来で、グディソン・パークでは4試合連敗となった。

貴重なチャンス

枠内へのシュートは17対9とチェルシーが2倍近くあったが、ゴール期待値は1.9とトフィーズが上回り、相手チームが限られた攻撃の中からより明確なチャンスを作り出したことを示している。

また、トーマス・トゥヘル監督が強調したように、ここ数週間で初めてではないが、個人的なミスによってブルーズの選手たちはその努力を犠牲にすることになった。アスピリクエタがリチャーリソンにボールを奪われ、素早くゴールを決められ、グディソン・パークは興奮のるつぼと化した。

トフィーズの後衛が破られたとき、GKのピックフォードは90分を通して5つのセーブを見せ、クリーンシート達成に貢献した。アスピリクエタとリュディガーのシュートは、彼の反射神経と素早いフットワークで防がれた。

形勢逆転

最近のチェルシーの敗戦(9試合で4回目)の特徴のひとつは、ブルーズ同様に3バックの布陣で試合に臨む相手との対戦で苦戦を強いられていることである。

敗戦に終わった4試合中3試合、ブレントフォード戦、アーセナル戦、そして今回のエヴァートン戦では、相手監督がシステムを微調整し、トフィーズのように5バックで深く守る傾向が見られた。エヴァートンはサイドでのプレーを犠牲にして、規律あるプレーで守備を固め、ウイングバックは攻撃参加を控え、攻撃時は中央突破を狙った。

78パーセントのポゼッションと5倍以上のパス数を記録しながら、突破口を開くことができなかったと語るトゥヘル。監督の言う通り、相手にまたもや不要な得点チャンスを献上してしまったのは事実だが、その一方で、いい形を作れなかったことはフラストレーションとして残るだろう。.

インパクトを与えた選手

ルベン・ロフタス=チークとマウントは、中盤の中央に配置され、持ち前の運動量とスピード、スペースへの走り込みで目を引いた。

ロフタス=チークはドリブル数(3回)と空中戦(3回)で試合トップとなり、パス数でも彼の71本を上回ったのはチアゴ・シウバとリュディガーのみで、成功率は93%だった。

守備では、タックル4回、インターセプト2回を記録し、エヴァートンが前に出てきたときにはディフェンス面でも自身の役割を果たした。

ハーフタイムに交代するまで、ジョルジーニョは45分間他の選手より多く(8回)デュエルを制し、タックル数もその時点で最多の5回と闘志を見せていた。

その一方で、マウントは、2度にわたってゴールの枠を捉えただけでなく、3本のキーパス(マルコス・アロンソと並んでゲーム最多)と2回のドリブル突破を成功させ、ファイナルサードで創造力を発揮していた。

しかし、今シーズン、10ゴールでクラブ得点王の彼もゴールを割ることができず、ブルーズにとっては残念な結果となった。