昨日のアーセナル戦、チェルシーは後半プレーの質を上げたが、時すでに遅く敗北を喫した。

ガナーズの猛攻

前半両チームとも7本のシュートを放ったが、アーセナルはそのうち5本がエリア内、ブルーズは2本となった。アーセナルは2つのビッグチャンスをつくり、2ゴールを決めた。

前半のアーセナル攻撃陣4人のポゼッションは13.6%で全体(47%)の3分の1に近く、彼らの攻撃力を示す数字となった。

逆にチェルシーの攻撃陣3人の前半のポゼッションは8.2%、後半は13.1%と向上した。

復調した後半

後半はポゼッション(70 vs 53)シュート数(12 vs 7)、枠内へのシュート数(3 vs 0)、エリア内でのシュート数(9vs 2)すべてが前半の数字を上回った。

CKも2倍、パス成功数(292 vs 214)とパス成功率(88 vs 80)となった。

センタリングは27回で前半(7回)のほぼ4倍となった。

しかし、85分にタミー・エイブラハムがゴールを決めるまで、チャンスらしいチャンスは訪れなかった。そのゴールの場面が試合全体で初めての枠内へのシュートだった。更に2回枠内へのシュートがあったが、そのうちの一つはジョルジーニョが失敗したPKである。

全体で見ると、タックル成功はアーセナルが16回に対しブルーズは10回で、マルティネッリ、サカ、途中出場のペペ、ウィロックが合わせて8回成功したことからも、前線からのプレッシャーがうまくいっていたことがわかる。

流れを変えたハドソン=オドイ

後半開始から入ったカラム・ハドソン=オドイは、ニューカッスル戦以来の出場となったが、おそらくブルーズの中で最も動きの良かったフォワードだった。

ハドソン=オドイはドリブルで4回中2回成功、エイブラハムのリーグ・カップ戦合わせて8点目となるゴールのアシストを含み、6回のクロスを上げた。

これはハドソン=オドイが出した2本のキーパスのうちの一つで、パス成功率は93%だった。