悔しくも敗戦に終わったチャンピオンズリーグのユヴェントス戦の統計データを見てみよう。

2019年9月にスタンフォードブリッジでバレンシアに同じスコアで敗れて以来維持していたチャンピオンズリーグ・グループステージのアウェーでの無敗記録は途絶えた。

昨晩のトリノでの対戦相手は、ホームで我々のフォワードを苛立たせるために深く守備来を下げ、カウンターアタックで攻撃することに満足し、ベン・チルウェルが「吸い込まれるようなゴール」と表現したフェデリコ・キエーザのゴールで逃げ切った。

勝てる試合だった?

スコアは1-0でユヴェントスに軍配が上がったが、この試合、ほぼすべての統計データでブルーズが優位に立っていた。その中には、90分間で73.2%のポゼッションを占めたことも含まれる。

パスミスもほとんどなく、チーム全体のパス完成率は90%に達し、ユヴェントスの287本中214本に対し、771本中697本を完成させた。また、ブルーズが14本のキーパスを出したのに対し、ユヴェントスは4本であったことからもわかるように、どちらがより攻撃的だったかは明らかだった。

また、シュート数も16本(ユーヴェは6本)と相手を大きく上回り、コーナーも相手の1回に対して8回獲得した。

閉ざされたユーヴェのゴール

しかし、チャンピオンズリーグのグループステージで12戦無敗を継続するために必要なゴールを奪うことはできなかった。

シュート数ではユーヴェを10本上回っていたにもかかわらず、枠内へのシュートは1本だけだった。

ロメル・ルカクが唯一の枠内へのシュートを放ったが、彼の他の3本のシュートは枠外となった。

シュチェスニーのセーブは1回だけだったかもしれないが、ユーヴェのディフェンダーたちは、チェルシーのチャンスを阻止するのに大きな役割を果たした。

16本のシュートのうち7本がキーパーに届く前にユヴェントスの選手に阻まれたが、中でもチアゴ・シウバは試合トップとなる3本のシュートを阻まれた。