チェルシーにとって忘れられないボクシング・デーとなった。トーマス・トゥヘル率いるチェルシーは、相手に先制されながらも、ヴィラ・パークでアストンヴィラを3-1で破り、完全にプロとしての仕事を果たした。この試合のデータと主要ポイントを詳しく見てみよう。

リース・ジェイムズのオウンゴールでビハインドを負ったものの、ブルーズは辛抱強くスティーブン・ジェラード率いるヴィラを攻め、ジョルジーニョの2本のPKとロメル・ルカクのヘディングシュートにより、勝ち点3をロンドンに持ち帰ることに成功した。

この試合の主役はロメル・ルカクで間違いないだろう。また、終始ヴィランズを苦しめたカラム・ハドソン=オドイにも特別な賛辞が送られるべきだろう。

水曜日のスタンフォードブリッジでのブライトン戦に向け、チェルシーはようやく待ち望まれた勝利を手にすることができた。

ロムの得意とする狩場

ルカクがアストンヴィラと対戦するとき、彼がゴール決めることはよくあることだ。

ハーフタイムに交代でピッチに立ったルカクは、わずか11分で、ファーサイドの隅にヘディングシュートを決め、逆転することに成功したのだ。

ルカクは現在、プレミアリーグでヴィラ相手に10試合9ゴールという驚異的な数字を叩き出している。

彼にとって、欧州5大リーグでヴィラよりもゴールを決めているチームはない。

18回のタッチしかしていないにもかかわらず、ロムが得点し、PKを獲得したというのは、悪くないカムバックではないだろうか!

カラムも復調!

トゥヘルは試合前、コロナから復帰したばかりのカラム・ハドソン=オドイが90分間プレーできる可能性は低いと語っていた。

トゥヘルは試合前、コロナから復帰したばかりのカラム・ハドソン=オドイが90分間プレーできる可能性は低いと語っていた。

しかし、ドイツ人監督によれば、ハドソン=オドイはトレーニングで「フレッシュに見えた」ため先発出場し、ヴィラ・パークでもキレのある動きを見せ90分間フル出場を果たした。

前半には、マティ・キャッシュに倒されPKを獲得、後半はルカクのヘディングにつなげる見事なクロス、また、ルカクがPKを獲得した場面でもスルーパスを供給した。

ペナルティーの喜び

ヴィラ・パークでブルーズは2つのPKを獲得し、ジョルジーニョがその両方を冷静に決めた。

まず、ハドソン=オドイがキャッシュに倒され、次にルカクがロスタイムに倒されPKをゲットした。

トゥヘルがチェルシーを率いて最初の試合を行った1月以降、チェルシーはプレミアリーグで最も多くのPKを決めており(11本)、ジョルジーニョはそのうちの9本を自ら決め、この期間では我々以外のどのクラブよりも多くPKを決めている。

冷静なジョルジ

ジョルジーニョといえば、大きなプレッシャーのかかる瞬間に氷のような力を発揮する選手として定評がある。

彼は、同点ゴール、さらにロスタイムにもPK成功と、2度にわたってエミ・マルティネスを破り、チームは3-1で勝利を収めた。

ジョルジーニョの12ヤードからの記録は素晴らしく、2021年のプレミアリーグでは9つのPKを成功させている。

これは1994年のマット・ル・ティシエ、2014年のスティーブン・ジェラードと並んで、大会史上1年間における最多記録となる。

この2ゴールだけでなく、ジョルジーニョは62本のパスのうち89%を成功させ、重要なタックルを1回記録しており、力強いプレーを見せた。