水曜日の夜、試合には勝ったもののトーマス・トゥヘル監督はチェルシーのパフォーマンスの低さを就任以来最低レベルと評価した。それでもブルーズは勝ち点3を手に入れたのだが、ここでは彼の発言の意味するものをデータから振り返ってみよう。

監督が指摘したように、ピッチ上でホーネッツ相手に1対1の場面が少なかったが、そもそもそのそういった状況を十分に作り出せていなかった。

その結果、ワトフォードにプレッシャーをかけられたチェルシーの選手たちは、危険なエリアで40回のクリアを強いられ、ワトフォードの9回とは対照的だった。そのうち12回はトニ・リュディガーのものだった。ワトフォードは6つのコーナーを獲得したが、チェルシーはゼロだった。

デュエル、空中戦、タックルの数ではチェルシーが上回っていたが、数字から見てもいつものように相手を圧倒したわけではなく、試合全体を通してポゼッションはほぼ半々だった。

ポゼッションの低下

この試合では、トゥヘル監督は布陣を3-4-3から3-5-2に変更し、1-1になった時点で攻撃的な交代選手を投入した。これは、ワトフォードが「勇敢に」人数をかけて攻撃してきたことで生じたスペースを利用しようとしたもので、そのことは彼らの平均的なポジションマップにも示されている。

冷静だったチェルシー

決勝点を挙げたのは、交代した選手の一人、ハキム・ツィエクだった。彼は途中出場から2本シュート両方を枠内に放った。

先制点を挙げたメイソン・マウントは、2回のシュートを放ったが、もう1本はポストに当たってしまった。

ワトフォードのシュート数は14本、チェルシーのシュート数は8本、枠内へは6本、枠外は4本だった。相手のシュート数はエリア外からのものが多かった。ペナルティエリア内でのシュートはお互いに6本ずつ。後半のシュート数は、チェルシーがワトフォードより1本多かった。

ゴールの期待値を示すxGレーティングでは、ブルーズのチャンスの質が高く、2得点できたことが評価されている。

1-0の先制点を決めたマウントは、トゥヘル監督が就任してから10か月間でゴール数が2桁に達した最初の選手となった。イングランド代表のマウントは、このゴールと今季3度目のアシストにより、今季のプレミアリーグで7ゴールに直接関与し(ゴール・アシスト合計)、最多のリース・ジェイムズに1差となった。

前線で奮闘したカイ

ヘッドコーチが「いつものレベルに達した」と強調したのは、カイ・ハフェルツだった。センターフォワードとしてプレーしたこのドイツ人選手は、ヴィカレージ・ロードのチェルシーで最も多くのキーパス(2本)を出した。

マルコス・アロンソは、2つのゴールに絡み、3本のクロスを供給した。タッチ数も2番目に多かったが、タックル成功数が3回とトップで、インターセプト数でもセンターバックと並んでいることからも、彼が頻繁に守備に回ったことがわかる。

アンドレアス・クリステンセンはスタメンに復帰したが、試合中に治療を必要とした選手の一人だった。彼は、両サイドから最も正確なパスを出し、空中戦を最も多く制した選手となった。

昨晩は失点してしまったが、チェルシーはプレミアリーグで最も優れた守備の記録を保持しており、より多くの得点を記録しているのはリヴァプールだけだ。

また、ワトフォード戦では、史上初めてリーグ戦アウェー5連勝を達成することができた。