日曜日のダービーでアーセナルを圧倒したチェルシー。試合のデータを見ると、2度目のデビューとなったロメル・ルカクのパフォーマンス、リース・ジェイムズとマルコス・アロンソのSB2人の攻撃参加、そしてディフェンスの中心となったアンドレアス・クリステンセンの影響が明らかになる。

前半にネットを揺らしたのはルカクとジェイムズだったが、後半にもう少し効率的なフィニッシュがあれば、アーセナルとのアウェー戦で過去最大の勝利を記録したかもしれない(現在、3度にわたって4-1で勝利している)。

エミレーツでブルーズは22本のシュートを放ち、そのうち15本がエリア内から放たれたものだった。

ルカクの8回のシュートは、ジェイムズとカイ・ハフェルツの4回を含め、他の選手の2倍の数だった。

圧倒的だったロム

チェルシーに復帰したルカクは、オールラウンドなセンターフォワードとしてのパフォーマンスを見せた。ゴールに背を向けてパスを受けることも、アーセナルのバックラインの背後に走り込むことも、どちらも厭わないルカクのパフォーマンスは、先制点のシーンでの彼のプレーに象徴されている。

ルカクのパスミスは1回だけで、パス成功率は95%と、マテオ・コヴァチッチとクリステンセン(ともに94%)、ジェイムズ(93%)をわずかに上回った。ルカクの3本のパスが他の選手のチャンスを演出した。

また、ドリブルの成功回数は2回(エンゴロ・カンテと同数)、空中戦は4回(アロンソと同数)と、チェルシーでの最高記録となった。

このように、ルカクとの対戦するプレミアリーグの守備陣は苦労することになるだろう。

高く広く

アーセナルは、チェルシーの3-4-3の布陣に対応するのに苦労した。特に、サイドではジェイムズやアロンソの2人が自由にプレーできるように、何度も数的有利になる局面を作り出した。

ジェイムズは、2012年9月のフアン・マタに次ぐアーセナルとのアウェー戦で得点とアシストを記録した2人目のチェルシー選手となり、前半だけで5回の相手ボックス内でのタッチを記録したのは、プレミアリーグの全試合で記録した中で最多だった。

右サイドのアロンソは、試合最多の5本のパスを出し、ハフェルツとのコンビネーションでアーセナルのディフェンスを突破し、ジェイムズのゴールに大きく貢献した。

アロンソは、守備でもその価値を発揮した。空中戦だけでなく、4回のインターセプトはチームトップとなり、3回のクリアは4回のクリアを行ったトニ・リュディガーとクリステンセンに匹敵するものだった。アロンソにとって、2021/22シーズンのスタートは素晴らしいものとなった。

守備を統率したクリステンセン

ルカクが前線をリードし、その両サイドにはメイソン・マウントとハフェルツがいて、ウィングバックがアーセナルを引きつけたため、ブルーズは中盤で試合のテンポをコントロールすることができた。

その起点となったのが、普段から冷静なクリステンセンだ。彼は誰よりも多くのパス(87本)を出し、94%の成功率を記録した。

空中戦では3回勝利し、4回クリアし、同じく高パフォーマンスを見せたセサル・アスピリクエタとともに、ポゼッションも最長となった(8.4%)。

実際、ルカクを除くすべての選手が、アーセナルのどの選手よりもボールを持っている時間が長く、圧倒的な強さを誇った。全体のポゼッション率は65%で、パス成功率は89%という驚異的な数字を記録したのだ。

ロンドン・ダービーでの2連勝は、2010/11シーズン以来の連続クリーンシートを達成したことも含め、非常に素晴らしい結果と言えるだろう。