リーズ・ユナイテッドとの敗戦をふぁから、事実と数字をもとに、戦術的な主な論点をいくつか見てみよう。

ブルーズはエランド・ロードで、より多くのシュートを放ち、ポゼッションの統計でも優位に立ったにもかかわらず3-0で敗れたが、その差はチャンスを生かすことができたかどうかにかかっていた。

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は、リーズの激しいプレス相手にミスが生じるのは仕方のないことだと語ったが、試合後にリーズへの「プレゼント」と表現したように、失点につながることまでは想定していなかったようだ。

執拗なプレス

前半は、両チームともハイプレスで、エネルギーに満ち溢れ、熱狂的な見ごたえのある展開となった。ターンオーバー(ボール奪取)が頻発し、中盤でのプレーは慌ただしくなり、選手たちはボールを追いかけ、ボールを持った選手たちは落ち着いて考える時間がなかった。

その証拠に、パス数は先週末のトッテナムとの対戦を大きく下回る結果となり、このような混乱に直面したチェルシーは苦戦を強いられた。

カリドゥ・クリバリ(74%)、コナー ギャラガー(77%)、ジョルジーニョ(79%)、マルク・ククレヤとメイソン・マウント (67%)の全員がその影響を受け、80 パーセントを超えた7日前のスパーズ戦よりも低調だった。

ジョルジーニョは64分間に37回しかタッチしておらず、リーズが誰を、何をターゲットにしてプレスをかけているのかが改めて明らかになった。

相手への譲歩

トゥヘルのチェルシーが1試合で3失点したのはこれで3回目となる。この夏のディフェンス陣の入れ替わりを考えれば、まったく予想外というわけではないだろうが、この失点の多さはボスにとって懸念材料だろう。

ブレンデン・アーロンソンの先制点はメンディの個人的なミスのせいだったが、その後もセットプレーで失点したことがボスから心配の種として挙げられた。

開幕から3試合で喫した5失点は、昨シーズンの開幕13試合で許したのと同じ数である。一方、トゥヘル監督にとって60回目のプレミアリーグでの試合は51失点に達し、そのうち17失点は最初の30試合で、残りの30試合はそのちょうど2倍(34失点)である。

逃したチャンス

ラヒーム・スターリングとメイソン・マウントが積極的に攻撃を展開し、前者は開始1分でゴールに迫り、さらにオフサイドの判定でファインゴールが取り消された。

一方、マウントはリーズのGKイラン・メリエの好セーブに阻まれたが、これはこの試合を通してブルーズが放ったわずか枠内への3本のシュートのうちの1本だった(他はリース・ジェイムズとクリバリのシュート)。

チェルシーでは、マウントの4本のキーパスを上回る選手はおらず、右ウイングバックのルベン・ロフタス=チークだけがより多くのドリブルを成功させたが、後者は再びジェイムズと連携してプレーしたことが上のヒートマップで強調されている。

スターリングのタッチマップは左に流れる傾向があることを示しており、イングランド代表選手はハーフターンでスペースを見つける上で最も創造的な火付け役となったが、今回も明確なチャンスやゴールにはつながらなかった。

一方、バックラインは常にストレスにさらされ、3人のセンターバックは12回の空中戦に勝ち、10回のインターセプトをした。