プレミアリーグが帰ってきた!そして、この試合後レポートのコーナーも戻ってきた。ここでは、エヴァートンとの開幕戦での勝利をデータや戦術的なトピックをじっくりと見ていこう。

この試合では、前半のアディショナルタイムにジョルジーニョがPKから決めた得点、そしてチーム全体の献身的なプレーとプロフェッショナルなパフォーマンスにより、ブルーズは勝ち点3を手にしてグディソン・パークを後にした。

ここでは、データを使ってより詳しく開幕戦を振り返ってみよう。

デビュー戦で輝いたスターリング

今夏のラヒーム・スターリングの加入に歓喜したのなら、彼のブルーズでのプレミアリーグデビューはもっともっと味わいのあるものだったに違いない!

この夏にマンチェスター・シティから入団したラヒーム・スターリングは、グディソン・パークでカイ・ハフェルツ、メイソン・マウントとともに3トップを組み、リーグ戦デビュー戦で輝きを放った。

この試合、スターリングは相手ディフェンスを苦しめ続け、2度ゴールチャンスを得たが、前半に放ったシュートはオフサイドの判定となり、後半にはエヴァートンの見事なブロックに阻まれた。

ラヒームはこの試合、2本のキーパス、3回のドリブル成功、3本のシュートを記録した。

この日はゴールネットを揺らすことはできなかったが、この活躍を見れば、彼がブルーズのユニフォームを着て活躍する日もそう遠くはないだろう...。

氷のように冷たいジョルジーニョが熱い

以下のヒートマップが示すように、ジョルジーニョはチェルシーにおいて、攻守両面ですべての中心的存在だった。

狭いスペースでボールを奪い、攻撃の起点となり、攻守の切り替え時にはディフェンスをカバーするなど、チェルシーのチームメイトにとって常に選択肢の一つであった。

中盤のパートナー、エンゴロ・カンテとの連携によるキープ力は見事なもので、ジョルジは試合最多の72本のパスを出し、その83パーセントはチェルシーの選手に渡った。

さらに、PKという大事な場面では、冷静にゴールを決めて、勝ち点3獲得を確実なものにした。

鉄壁のエドゥ

2020年にレンヌからチェルシーに移籍して以来、エドゥアール・メンディとクリーンシートは手を取り合っているように見える。

これまでブルーズでのキャリアを通じて印象的な記録を残してきたセネガル人GKは、このシーズンでもその流れを引き継ぎ、開幕戦でも相手の攻撃をシャットアウトし、自身の記録に新たなクリーンシートを加えた。

前半には、ジェームス・ターコフスキのヘディングシュートをゴールバーの上に弾くファインセーブを見せ、後半にはアブドゥライェ・ドゥクレのシュートを防ぎ、その後起こった混戦でもボールを奪い取った。

このシャットアウトにより、メンディはプレミアリーグでの先発出場の47パーセント(66試合中31試合)でクリーンシートを達成したことになり、少なくとも50試合に出場したキーパーでより高いクリーンシート率(50パーセント)を誇るのはマンチェスター・シティのエデルソンだけとなった。