ラヒーム・スターリングは、新監督のもとで初ゴールを決め、スタンフォードブリッジのグレアム・ポッター時代を盛り上げた。ここでは、これまでのブルーズの監督の初戦でゴールを決めた選手たちを振り返ってみよう。

どのサッカークラブでも、新任の指揮官が就任すると、可能な限り最高の形でスタートさせたいと思うのは当然だ。理想を言えば、早い時間帯にゴールを決め勝負を決めたいところだが、必ずしもそうなるとは限らない。

新監督のもとでプレーする選手たちにとっても、そのシナリオはほぼ同じである。最初にゴールネットを揺らし、夢のようなスタートを切ること以上に、監督に好印象を与える方法はないだろう。

水曜日の夜、スターリングはポッターの下でその栄誉を手にしたが、歴代のチェルシー監督の下で初ゴールを決めたのは誰だったか、みなさんは思い出せるだろうか?プレミアリーグ時代を振り返って、それぞれの監督下で就任後初ゴールを決めた選手を紹介しよう!

1993年、ブルーズはイアン・ポーターフィールドを解任し、クラブの伝説的存在であるデイビッド・ウェブを後任に迎え、トップリーグでシーズン途中に初めて監督を交代させたチームとなった。1970年のFAカップ優勝時の英雄は、2試合目までチーム初得点を待つ必要があったが、その甲斐あって、アカデミー出身のグレアム・スチュアートがアーセナル戦の終盤に決勝点を挙げた。それから数カ月後、グレン・ホドルが監督に就任し、チェルシー革命がスタートしたが、初戦となったブラックバーン・ローヴァーズとの試合でギャビン・ピーコックが自身にとっても初となるゴールを決めたものの敗れ、その過程はかなり遅々として進まなかった。

3年後、ルート・フリットがホドル監督の後を継いだとき、ブルースは、そしてイングランドのサッカー界は、劇的に変化していた。クール・ブリタニアとセクシー・サッカーの時代である。クラブの歴史におけるこの新しい時代を記念するのに、ロベルト・ディ・マッテオがミドルスブラ戦で後半に決勝点を挙げ、スタンフォードブリッジにおける最も象徴的なセレブレーションを披露した!

マーク・ヒューズは、アーセナルとのリーグカップ準決勝で、試合前にロッカールームでシャンパンを飲むことから始まった有名な夜にゴールを決め、ジャンルカ・ヴィアッリ監督の任期を見事にスタートさせる栄誉を得た。

2000年9月、クラウディオ・ラニエリの監督デビュー戦となったオールドトラフォードで、ジミー・フロイド・ハッセルバインクが決めたゴールは、新監督にとってこれ以上のオープニングゴールはないだろうと思われる。また、このゴールは開始わずか8分に決めたもので、新監督の初ゴールとして最も早く訪れた。

ジョゼ・モウリーニョがブルーズを率いて最初の試合、マンチェスター・ユナイテッド戦でジミーの昔のパートナー、エイドゥル・グジョンセンが決めたゴールはハッセルバインクのものとは対照的でお世辞にも美しいものではなかったが、少なくともこれは勝利の中に生まれたものだった。そして、2004/05のキャンペーンがどのように終わったかは、周知の通りである...

2007年の秋、ジョゼの衝撃的な退任の後、アブラム・グラントが新しい指揮官となったが、オールドトラフォードでの最初の試合で敗れ、マンU相手のデビュー戦3連勝を達成することができなかった。その代わりに、スコット・シンクレアがリーグカップのハル・シティとの対戦で先制点をあげ、グラントの時代を始めることになった。

ジョー・コールは、2008年のルイス・フェリペ・スコラーリにとって忘れられない初戦となり、ポーツマス戦で序盤に先制点を挙げ、4-0で勝利した。シーズン半ばにフース・ヒディンクと交代し、ニコラ・アネルカの活躍により、ヴィラパークでの勝利で幕を開けた。

チェルシーでのキャリアをウェンブリー・スタジアムでスタートさせた監督は多くないが、カルロ・アンチェロッティは2009/10シーズンを前に、その特権を手に入れた。アンチェロッティ時代は、マンチェスター・ユナイテッドとのコミュニティ・シールドで、リカルド・カルバーリョのゴールによって勝利で幕を開けた。

2011年、アネルカは、アンドレ・ビラス=ボアス監督の下、ウェストブロムとの対戦でゴールを決め、2人の監督の下で開幕ゴールを決めた最初の選手となった。しかし、そのわずか一年後にこの記録に並ぶ選手が現れる。

フアン・マタはロベルト・ディ・マッテオ監督の下、バーミンガム・シティとのFAカップで勝利に貢献し、その後、ウェストハムに敗れた試合でラファ・ベニテス監督時代の初ゴールを決めた。ベニテス監督率いるチームの初ゴールは就任3試合目の13分に生まれたため、プレミアリーグ時代におけるブルースのどの監督よりも長い時間待たされることになった。

モウリーニョが2013年にウェストロンドンに戻ってきた際には、ハル・シティ戦でオスカルがゴールを決め、ヒディンクが2年半後に就任した際には、ボクシング・デーにワトフォードと引き分けた際にジエゴ・コスタが得点したが、あまり記憶に残らない形で幕を開けた。

チェルシーでタイトルを獲得した2人のイタリア人監督は、両者とも初戦を勝利で飾った。アントニオ・コンテは、ウェストハム・ユナイテッド戦で後半早々にエデン・アザールのPKで先制し、2年後に就任したマウリツィオ・サッリ監督にとっての初ゴールは、ハダスフィールドタウンでのエンゴロ・カンテによるものであった。

フランク・ランパードはブルーズでの最後の試合から5年後の2019年にチェルシーに監督として戻った。レスター・シティとのホーム初戦でメイソン・マウントが決めたゴールは誰もが覚えているだろうが、伝説の8番の下での初戦は週半ばに行われたUEFAスーパーカップのリヴァプール戦で初得点はオリヴィエ・ジルーによるものだった。

2021年初頭、トーマス・トゥヘルがブリッジで指揮を執ることになった。初戦のウルブスとの試合は0-0で引き分けたが、その数日後、バーンリーを下した際にセサル・アスピリクエタが監督就任後初ゴールを決め、いつものようにチームの模範となった。