プロとして20年目のシーズンを迎えるにあたり、チアゴ・シウバは新規加入した守備のパートナーについて、そしてプレミアリーグ開幕前の最後の1週間、これからブルーズを待ち受ける挑戦について話してくれた。

金曜日の夜、北イタリアで行われた試合でチアゴはカリドゥ・クリバリと初めて一緒に並んだ。この新戦力はチアゴ・シウバの左に位置し、セサル・アスピリクエタとともに3バックとしてプレーした。

この3バックは、開始から周囲に違和感を与えないパフォーマンスを見せる。チアゴとアスピはいつものようにプレーし、クリバリはポゼッションと、ウディネーゼの攻撃を突然止める重要なインターセプトで好印象を与えた。チアゴはこの試合の守備の出来に満足しているようだ。

「いい感じだったよ」と37歳の彼は言った。

「彼(クリバリ)は多くの経験を積んでいる選手だ。イタリアでプレーしてきて、最高の守備の教育を受けている。彼はチームのアイデアに対応できるだろう。今回は70分間だったけど、土曜日には90分間プレーできるだろう。」

「普段はフランス語で話している。エドゥもそうだし、アスピもそうだから、うまくいったよ。」

「コミュニケーションは問題ない。自分たちは、いろいろな言語を一緒に話すことができるんだ。」

チアゴは、ハーフタイム直前に相手にゴールを許したことに失望しながらも、3-1での勝利に満足し、グディソン・パークへの遠征までの数日間を集中して過ごしている。

「プレミアリーグ開幕前の1週間、今はうまくやらなければならない。まだ100パーセントの状態ではないと思うけど、土曜日に向けて準備するために、今週は一生懸命、しっかりとトレーニングしなければならない。」

そして最後に、チアゴが今シーズン目標にしていることは何なのか?彼の答えは力強いものだった。

「プレミアリーグを制覇すること」と彼は答えた。

「とても難しいリーグだけど、可能性はあると思う。」

彼のような経験を持つ人物に、誰が異論を唱えることができるだろうか…。