チアゴ・シウバが昨夜のガーナ戦でブラジル代表のディフェンダーとして代表出場試合数トップとなった。

シウバは、セレソンのキャプテンとして、昨夜、フランスで行われたアフリカのガーナとの親善試合に出場し、チームはチアゴのディフェンシブパートナー、マルキーニョスがスタッド・オセアナで先制点を挙げた後、リシャルリソンが2点目を挙げ、結局3-0の勝利を収めた。

「怪物」のニックネームを持つチアゴは、フランスのル・アーブルで行われた親善試合の前半45分間プレーし、後半はユヴェントスのDFブレーメルと交代した。

チアゴは、ブラジル代表として108試合目の出場となり、ルシオを抜いて、セレソンの最多キャップ数を誇るディフェンダーとなった。

ブラジルは、火曜日にチュニジアとパリで対戦する予定だ。