今日のサウサンプトン戦を前に怪我人の状況について語ったトゥヘル。チアゴ・シウバの欠場、クリスチャン・プリシッチの遠征不参加はあるものの、それ以外の選手に関して問題はなさそうだ。

サウサンプトン戦に向けて午後のトレーニングの前に記者会見に臨んだトゥヘル。

最終トレーニングが残っていたため選手全員の状態について断言はできなかったが、まずチアゴ・シウバが欠場することを明かした。

「チアゴはこの試合に出場しない。まだプレーできる状態ではない。」

シウバは今月初旬のトッテナム戦で途中退場して以来ピッチから遠ざかっている。一方クリスチャン・プリシッチも木曜日のトレーニングでふくらはぎを痛めて出場が危ぶまれていた。

ここ4試合欠場しているカイ・ハフェルツとニューカッスル戦で負傷退場したタミー・エイブラ

ハムは出場できる見込みだ。

「プリシッチはふくらはぎを痛めている。大したことではないが違和感があるようだからリスクはある。タミーは好調で今日トレーニングで問題なければ召集メンバー入りできるだろう。カイ・ハフェルツもサウサンプトン戦に出られる。」

チェルシー入団から怪我に悩まされるプリシッチについて訊かれたトゥヘル。

「心配はしていないがメディカルスタッフがチェックしている。昨日のトレーニングはふくらはぎに問題があり怪我をする前に中断したから負傷とは言えないだろう。彼の過去の負傷を考慮したリスク管理で、同じようなサイクルを避けたい。こういうことはたまに起きるが、大事なのはクリスチャンがポジティブにスタメン出場でもベンチからでもピッチで大きなインパクトを残すことだ。」

「チェルシーがクリスチャンを獲得したのは彼の才能とポテンシャルのためで、彼が本領を発揮できるようにするのが自分たちの仕事だ。彼はチェルシーのレギュラーになれること、チームに大きなインパクトを与えられることを既に証明しているし、これからもそのレベルを維持しもっと成長していってほしい。」

トゥヘルはどの試合でもプレースタイルを固定することによりチームが自信を得ることができると主張する。

「トッテナム戦はビッグゲームだったが、チェルシーは思い通りのプレーをした。勇気をもって試合を支配した。これがどの相手と対戦する時もこのチームに求めることだ。下部リーグのバーンズリー戦は苦戦したが、サッカーではそういうことはよくある。明日の試合もしっかり準備をしたい。」

最後にフィカヨ・トモリ、そしてレンタル中の選手の将来についての質問があった。

「正直に言うとトモリについて考える時間はなかった。彼のことが好きでない、または彼の才能を認めないというわけではなく、単純に時間がなかった。コブハムではここにいる選手のことだけを考えていたからだ。チェルシーはここで出場機会に恵まれない選手の多くをレンタル放出する。異なる環境、文化、クラブで能力を発揮するのはいい事だ。これからレンタル中の選手について話していきたい。もちろんトモリはポテンシャルが高く良い印象を持っているが、今は詳細について考えるべきではないだろう。」